RSS

同軸ケーブル(後編)

防犯カメラの同軸ケーブル後編になります。 中編ではケーブルの名称のについて解説しました。 ここでは同軸ケーブルの使用用途・場面場面での同軸ケーブル選定の基準を開設します。 ●機器内配線(本体内配線) 監視・防犯カメラの電源部やレコーダーやモニターなどの機器間(本体部)の配線です。 機器間長くても2m程度で、きついカーブなどを描いてしまう場合が多いです。そこで便利なのが 【2.5C-2V】 というケーブルで外形が3mm程度なので、きついカーブでも行けます。 また機器間はカメラ台数が多ければ多いほど、ケーブルの本数が多くなり、ケーブルの太さが太いとごちゃごちゃになり、配線・接続も困難になります。 ですので、シンプルにまとまるのが最大の利点です。 ●本体・カメラ間(中距離100m以下程度で小規模施設) この場合、 【3C-2V】 【5C-FB】 を使用する事が多いです。 中編の開設のように先頭の数字が大きいほどケーブルの太さは太くなります。 長い距離の配線の場合、心配なのは他の設備ケーブルとの干渉です。 配線工事を行う対象が、設備ケーブルとの併設が多い場合は 【5C-FB】 の方が良いでしょう。それがなければ、 【3C-2V】 でもよろしいかと思います。 建物の何フロアもまたぐような場合は、迷いなく、 【5C-FB】 の方が良いでしょう。 この辺の判断基準があれば概ね、ケーブル選定は迷ういません。

同軸ケーブル(中編)

防犯カメラの同軸ケーブル中編になります。
前回まではケーブルの太さについて解説致しました。
今回は、「5C」の「C」とか「3C」の「C」について解説致します。
監視・防犯カメラの世界ではこの部分が「C」になっているのを使います。
この「C」ですが、インピーダンスという電気の世界の指標になるのですが、75オームという値になります。
このインピーダンスをご説明すると、数時間必要ですので割愛させて頂きますが、監視・防犯カメラの世界では「C」でインピーダンス75Ωと決まっています。
ちなみにこの「C」の部分で「D」というものがあります。
これは無線機の給電アンテナなどに使われるケーブルになります。
ちなみに上記でご説明したインピーダンスという指標は50オームになります。
続きまして、今度は「2V」とか「FB」の部分についてです。
この2文字の前半の「2」は絶縁体材質ばポリエチレンに対し「FB」が発泡ポリエチレンになります。
また後半の「V」は一重導体編組で「B」がアルミ箔付きプラスチックテープと導体編組になります。
いろいろごちゃごちゃ書いてしまいましたが、後編でどの場面でどのケーブルを使えば良いかを解説致します。

同軸ケーブル(前編)

防犯・監視カメラの映像ラインをやりとりするケーブルになります。
英語だとCoaxial cable(コアkシャルケーブル)なんてちょっとカッコイイ名前になります。
我々監視・防犯カメラを扱う上では以下のような種類のケーブルを使用する事が多いです。

●5C−FB
●S−5C−FB
●3C−2V
●2.5C2V

というちょっと分かりにくい記号が並んでますが、ちょっとづつ解説していきますね。

最初の「5C」の「5」とか「3C」の「3」とかはケーブルの太さを表します。
この数字が多ければ多いほど、ケーブルが太いという事になります。
例えば水を撒くときのホースでも太いホースの方がより多く水を流せますよね。
ケーブルも同じで太ければ太いほど映像信号を円滑に送る事が出来るので、信号の鮮度を考えると太ければ太いほど有利です。
また太いと、ビルなどの中にケーブルを敷設する場合、いろいろな設備のケーブルと併設する事になりますよね。
そのような場合、他設備に影響を受け難いといのもあります。
更に太ければ太いほど、長い距離を敷設する事が出来ます。
逆に細いケーブルですと映像の減衰や他設備に影響が出やすかったり、長い距離を敷設出来ないなどの悪影響があります。
ちょっと長くなってしまいましたが、今日はここ迄で、後編に続きます。

レンズ

防犯・監視カメラの目の部分になります。
レンズには焦点距離と云うものがあり、単位としてはmm(ミリ)になります。
この数字が少なければ少ないほど、画角は広く捕らえる事が出来る替わりに被写体は小さく見える傾向にあります。
逆に、この数字が多ければ多いほど、画角は狭くなりますがより被写体を大きく捕らえる傾向ににあります。
一般的になりますが、広角とか超広角と言われる部類は2.8mmで標準と言われるのが6mm程度になります。
画角の撮影範囲は、

●焦点距離2.8mmの場合だと、水平:96°
●焦点距離2.8mmの場合だと、水平:44°

という具合に決まっています。
これに加え、撮像素子という要素が入って、1/3とか1/4という指標が入り、どちらかによって上記数字は変わります。
ちなみに上記数字は1/3ですが、概ね最近のカメラは1/3が多いです。逆に1/4は最近は見ませんね。

これらの通り、レンズの焦点距離は防犯・監視カメラを選定する上で重要な指標に成る事はお分かり頂けると思います。
ちなみに弊社のカメラは、焦点距離は

●3.6mmの固定型レンズ
●2.8mm〜12mmで手動で可変できるバリフォーカルレンズ

の2タイプを主流として販売しております。
設置場所・用途に合わせて選定してください。
勿論、設置場所・条件などをご教示頂けましたら適切な機器選定をご案内致します。

監視・防犯カメラテクニカル解説目次

順次、資料を追加して参ります。

▼項目50音順

【と】
同軸ケーブル(前編)
同軸ケーブル(中編)
同軸ケーブル(後編)

【れ】
レンズ