RSS
 

AHDカメラ

AHDカメラはAnalogue High Definitionカメラといい、現状の穴戸具カメラシステムの状態(同軸ケーブルなど、既に施工・設置されているところはそのままで)で高画質(アナログシステムは52万画素程度に対し、AHDカメラは200万画素可能)を実現できるカメラです。
価格帯もアナログシステムよりは多少効果になる程度で、大変リーズナブルで高品位な防犯カメラシステムが構築できます。

ただデメリットもあります。
先ほどはケーブルを含めた現状をそのまま使えると説明しましたが、ケーブル長で問題が発生する場合もあります。
例えば、

・アナログシステムにて一体型ケーブル太さ1.5C程度で40m

の場合、AHDカメラは映像は流れません。
従って、アナログシステムからAHDシステムに切り替える場合はカメラからレコーダー・モニターまでの長さと太さを予め把握する必要があります。