RSS
 

画素数

デジカメやスマホ携帯でもよく聞く画素数ですが、この数字が多ければ多いほど綺麗な画像である事は周知の通りだと思います。
この画素数は画像の枠の中に小さい点が集まって1つの画像になっています。
この点が多ければ多いほど繊細・鮮明な画像になる事は容易にご想像出来ると思います。逆にこの点が少なければ少ないほど、粗い画像になります。

最近のスマホでは、

1200万画素
2300万画素

なども出ています。
でもこれはものすごいハイスペックな画素数です。
では監視防犯カメラの世界ではどのような値なのでしょうか。

アナログと言われる監視防犯カメラは=52万画素
ネットワーク・IPカメラ=100万〜400万画素
AHDカメラ=100万〜200万画素

と言ったところでしょうか。
先ほどあげたスマホとは雲泥の差ですよね。
でも先ほどのスマホは静止画ですが、監視防犯カメラは映像・動画ですのでこのような画素数になります。
アナログカメラの52万画素はもはや低スペックになってしまっておりますが、その他の100万画素以上の監視防犯カメラであれば通常・標準と言っていいでしょう。
あまり画素数が高いと、監視防犯カメラ用のレコーダーで監視防犯カメラ映像を録画した場合HDDの容量がものすごく消費してしまうというデメリットもありますので、画素数が高ければ良いということでもありません。