当店総合ページTOP>マンション・アパート・賃貸物件防犯カメラTOPページ
エレックスシステムです。
当店へのお客様の声・口コミ メールでの問い合わせフォーム
このエントリーをはてなブックマークに追加 お気に入りに追加

▼マンション・アパート・賃貸物件のポイント


マンション・アパート・賃貸物件の監視防犯カメラの選び方のポイントについてご説明致します。ここでは部屋内ではなく、共用部(エントランス、廊下、他共用部)、建物外周周り(ゴミ集積所、駐車場・駐輪場その他)についてご説明致します。別れるポイントはエントランス等のご来客の方の目に触れるよう場所、人気がなくなる階段・共用系・外周(ゴミ集積所・駐車場)に別れます。マンション・アパート・賃貸物件は意外に防犯カメラが必要な場所が多いです。





▼マンション・アパート・賃貸物件設置・おすすめ



レコーダーがなくてもこのSDカードがあれば録画出来てしまう優れものです!使うメモリーカードはmicroSDカードの標準で32GBで最大200GBまで増強可能です。動体検知録画(何か映像に動きがあった場合のみ録画)やスケジュール録画完備!映像も最大130万画素という超高画質で録画します。

モニタリングや設定変更操作はパソコンで行います。ご法人・設備管理・家庭用などいろいろな目的でお使い頂けます。


マンション・アパート最適!
(型番:ES-CW105SW/C)
商品詳細ページへ

マンション・アパート最適!
(型番:ES-CD136SW/C)
商品詳細ページへ
SDカードで録画!レコーダーいらず!
マンション・アパートおすすめ!
SD200GBまで対応
設置出来る面は天井・壁両方
画質は130万超高画質
防滴防雨防塵(IP66) 前面からの水気対応!
2-5m広角レンズ搭載
▼まとめ▼
標準32GBで目安3.7日記録です。
動体検知録画も可能です。
完全防雨型です。
パソコンを接続してモニタ
リングや設定を行います。
ご家庭用としてもいかがでしょうか?
▼ダウンロード▼
録画日数表
取扱説明書
かんたん説明書
機器仕様書
▼ダウンロード▼
録画日数表
取扱説明書
かんたん説明書
機器仕様書




▼設置する目的



マンション・アパート・賃貸物件で設置する目的としては、物件事・不動産案件により異なると思いますが、概ね


〕事の際の証拠として録画重視

∪瀉屬垢觧による、犯罪を未然に防ぐ抑止効果


の2点だと思われます。

当社が今までマンション・アパート・賃貸物件案件の傾向上△諒が多いと感じます。

△梁从・設置をしておいて、犯罪・有事が起こった際に,魍稜Г垢襪箸い辰娠人冓法です。



▼上記´△任侶曽と設置方法



マンション・アパート・賃貸物件でこちらも、物件事・不動産案件により異なると思いますが、概ね以下のような傾向・ご要望が多いです。


A.エントランスなど集合玄関系はドーム型タイプ→コチラのような形状

B.ごみ集積所、屋外、駐輪場などの不特定多数の人が出入りでいるような場所は筒形タイプ→コチラのような形状


ドーム型タイプは一見監視・防犯カメラには見えませんので、ご来客の方の目や隠ぺいの要素を含めた設置が可能です。

筒形タイプは、見て明らかにそれと分かる形状ですので、未然に犯罪・有事を防げる可能性があがります。セキュリティ面ではこちらの方が有効です。

マンション・アパート・賃貸物件はこの2通りの形状をお勧めします。



▼屋内設置か?屋外設置か?



マンション・アパート・賃貸物件では以下のような傾向に分かれると思います。


A.屋外(ゴミ集積場・駐車場など)雨風対応の必要があるので、必然的に防雨型である筒形タイプを選択

B.屋内の場合、共用部系は上記形状ご説明の通りになります。


マンション・アパート・賃貸物件では建物の性質上・性格上・目的により異なりますので、状況に応じた形状・設置をお勧めします。



▼夜間監視も必要かどうか?



マンション・アパート・賃貸物件では夜間監視は当然必要になってきます。

マンション・アパート内のエントランス・共用部系は常時照明(夜間だけの場合もありますが)が点灯し、被写体を捉えるだけの明かるさはあると思われます。しかしマンション・アパートの屋外の場合は、被写体を捉えるだけの明るさは保てません。

従って、屋外用に関しては赤外線暗視LED搭載(照明がなくても被写体に赤外線を

浴びせて白黒で映像として被写体を捉えます)のものをお選びください。



▼録画をどのように行うか?



以下の2通りが考えられます。


===============================================================

A.録画レコーダーを設置する(監視・防犯カメラ・レコーダー間は配線が必要)


▼メリット:

確実な監視・録画を行うことが出来ます。モニタリングを行えば故障時はすぐに気が付くことが出来ます。

録画はHDD録画なので、長い日数の録画が可能です。


▼デメリット:

配線・ケーブル工事が発生するので、その分の費用や施工方法の検討が必要です。

その配線(カメラ⇔レコーダー)は以下のように引き込みする必要があります。


・マンションの場合→管理人室へ引き込み

・アパートの場合→共用部や屋外壁面にキャビネット(施工・設置例)を設置して、その中にレコーダーを設置。

そしてこの中にケーブルを引き込み(屋外の場合の配線ルートはPF管(使用・商品例)で敷設する必要があります。)


ですので、施工・設置の手間・費用が小さくありません。

===============================================================

B.SDカード録画型・監視・防犯カメラ自身で録画(電源のみ配線が必要または本体直近にコンセントがあれば可)


▼メリット:

配線は電源だけでいいので、設置方法が上記Aよりは格段に簡単です。

マンション・アパート・賃貸物件としてもかんたんに取り扱う事が出来ます。

当店ではこのSDカード録画タイプがマンション・アパート・賃貸物件では現在もっとも案件が多くなっています。


▼デメリット:

常時モニタリングを行わない状態での設置が殆どの為、定期点検・確認をしない限り故障時は気付く事が出来ません。

またmicroSDカード特性上、録画日数が少なく、HDDよりは寿命は短いです。

更にちょっと高所に設置した場合、SDカードは本体内部にあるのでいちいち脚立などを使って取り出さないといけないので手間が増えてしまいます。


この商品は→コチラ


▼商材・画素数の選定



画素数とはこの数値が大きければ大きいほど鮮明な映像が表示・録画出来るという指標です。

当店では、


.▲淵蹈娃毅暇画素シリーズ→コチラ

■腺硲庁横娃伊画素シリーズ→★マンション・アパート・賃貸物件様お勧め・コチラ

SDカード130万画素シリーズ→★マンション・アパート・賃貸物件様お勧め・コチラ


当店所見ですが、アナログ52万画素シリーズはやがて市場からは衰退傾向になります。

どんなに安価帯でも100万画素以上は欲しいところです。

また画像の鮮明さを求めるのであれば、またマンション・アパート・賃貸物件様へは△をお勧めします。

証拠能力などの点でも同じことが言えます。



▼その他マンション・アパート・賃貸物件について



マンション・アパート・賃貸物件様に関しては、お問い合わせ案件が非常に多いです。

実例お問い合わせ一例ですが、


・エレベータ内の不審人物、ペットがおしっこをしてしまう、汚す、いたずら対策で設置したい。

・駐輪場、駐車場、ごみ集積場、階段のタムロ・いたずら・盗難防止で設置したい。

・何かあった時に弁護士・警察に相談したいので証拠用として設置したい。

・ご入居様同士のトラブル(駐車場内で車の衝突など)用で設置したい。


の4点が多い傾向と感じます。

ご相談元は、


・マンションの理事長様または設備ご担当者様

・不動産物件管理会社、不動産業者様


が多いです。

マンション・アパート・賃貸物件様のご相談は数多く請け負っておりますので、お気軽にお相談ください。

マンションの新築物件はほぼ100%に近い割合で始めから監視防犯カメラを設置している物件様が多いです。

築20年〜30年の物件様もあらたに導入されるケースが多く、コンサルタント業務でもお手伝いさせて頂いております。

建物の特徴やニーズなどをヒヤリングさせて頂き具体的なプランニングをご提案致します。

マンション・アパート等の集合住宅様でのご導入のお話はここ数年一番多いです。

マンション周りの盗難・いたずらその他事件が多発している証拠だと思われます。



▼マンション・アパート・賃貸物件への設置・施工は?



正直申し上げまして、マンション・アパート・賃貸物件の監視・防犯カメラ施工は施工業社でなかれば構築は難しいと思われます。

当社は施工は行っておりませんが、以下のエリアの場合、専門の施工業者のご紹介が可能です。


・神奈川県東部

・東京23区と西東京エリア一部

・千葉県北部エリア一部


です。

それ以外のご地域様に関しましては、ご紹介サポートは出来兼ねますが、電気工事業者様であれば施工可能な範囲になります。

接続方法や機能の内容などは、その工事業者様よりお問い合わせ頂ければお電話でサポートさせて頂きます。

マンションの配線・配管工事であればむしろ電気工事業者様の方が円滑に行く場合も多いです。



▼マンション・アパートコラム



▼一戸建て・マンション・アパート・賃貸物件の対策



マンション・アパート・賃貸物件は集合住宅は一つの建物に複数の世帯が入居しています。

建物の構造上、常に不特定多数の人が出入りすることから入居者の安全を守るための防犯管理が不可欠です。

特に小さい子供や高齢者がいる世帯が多く入居しているマンション・アパート・賃貸物件の場合、細心の注意を払う必要があります。

マンション・アパート・賃貸物件のセキュリティ管理では対象を撮影できるものが最も広く普及しています。

犯罪被害を映像として記録できるので、設置するだけで高い抑止効果を得ることが出来るのが大きな利点です。特に高級マンションでは空き巣や侵入などの被害を防ぐ効果を得ることが出来ます。

複数台設置することで死角を減らしてセキュリティ管理を徹底することが出来る反面、集合住宅の入居者のプライバシーを侵害してしまう可能性がある点を注意する必要があります。

そこがマンション・アパート・賃貸物件の難しさです。

維持費も考慮する事が長く使い続ける際に必要な心得です。

マンション・アパート・賃貸物件などの集合住宅では、共有設備の一種として扱われるケースが多いので、購入や維持に関する費用は家賃や建物の管理費で賄うのが慣例になっています。

そのため、入居の際はセキュリティ機器の取扱いや管理について詳細をマンション・アパート・賃貸物件管理会社に確認するように心がけます。



▼ご入居者様に安心感をご提供するには



マンション・アパート・賃貸物件に監視防犯カメラを設置すると犯罪を防げるだけではなく入居者に安心感を与えられます。

マンション・アパート・賃貸物件に設置しておくと、窃盗などの犯罪が起こった時に犯人を捕まえるのに効果があるだけではなく、犯罪を抑制するのに効果があります。

窃盗で侵入しようとする場合でも、監視防犯カメラに映し出されている事がわかればつかまるリスクを恐れて侵入をやめさせられます。

エレベーターなどは個室になるために犯罪が起こりやすい場所ですが、監視防犯カメラがあると安心です。

ゴミ捨て場所などに設置しておくと、の住民以外の人がゴミを捨てに来たり収集日以外の日にゴミ出しするのを防げます。

またこのようなセキュリティ対策があることでマンション・アパート・賃貸物件の住人にも安心感を与える事ができます。

セキュリティがしっかりしている事を条件に住居を探す人もいるので、セキュリティ対策が万全だと入居率を上げることにもつながります。

マンション・アパート・賃貸物件で、設置するのに良い場所は人が出入りをするエントランスや廊下や集会所などの共有部分、駐車場などです。

特に通りから死角になって建物に侵入しやすい場所などに設置しておくと、不審者が侵入するのを防ぐのに大変効果的です。

監視防犯カメラには明かりがある時のみ撮影できるものや暗視カメラ、昼夜を問わず撮影できる物などがあります。設置する場所によって選ぶ事が大切です。

マンション・アパート・賃貸物件に最適な監視防犯カメラはお任せください!



▼おすすめの商材



最近は物騒な事件も多く、生活するにあたりセキュリティ対策は必須となっています。

そして、マンション・アパート・賃貸物件を借りようと考える方の多くがその条件の一つとして、物件にセキュリティ対策が万全かどうかを挙げています。

そこで、マンション・アパート・賃貸物件に設置する防犯カメラとして最近人気を得ているのが当ページでもご紹介しているSDカード録画カメラです。

また、映像はパソコンやスマートフォン(本機をルーターに接続する必要があります)からも確認することが出来るので、短い時間管理を離れる際でもスマートフォン一台あれば、物件の様子を確認することが出来ます。

赤外線カメラやIPカメラも品質が優れ大きな防犯対策効果を得ることが出来ますが、このマンション・アパート・賃貸物件の魅力をより高めるためにも、この防犯灯カメラは魅力ある防犯設備といえます。




マンション・アパート用・防犯カメラ販売|エレックスシステムAll Rights Reserved.