防犯カメラ・屋外用Wi-fiカメラのメリット・デメリット|注意点と選び方


何でもご相談ください!

Wi-fiカメラには設置が簡単にできたり、スマホと連動することで遠隔操作できたりなど、さまざまな利点があります。

同時に故障した際や電波の状況に左右される他、Wi-fiならではの危険性があることも事実です。

そこで今回は、屋外用にWi-fiカメラを設置する際のメリットやデメリット、注意すべき点と選ぶ際のポイントを詳しく紹介します。

屋外にWi-fiカメラを設置したいと考えている方は、ぜひ当記事を参考にしてください。





●目次●








【2年保証】防犯カメラ・WiFi-SDカード録画カメラ|総務省・技術基準適合証明取得機器|1080P・200万画素|白ホワイトES-CW620FW/C・黒ブラックES-CW620FB/C

取扱説明書ダウンロード


取扱説明書ダウンロード



WiFi接続とてもかんたんです




1.屋外へWi-fiカメラを設置した際のメリット・デメリット


その1

Wi-fiカメラは非常に便利な機器ではありますが、使用するにあたってメリットとデメリットが存在します。

機器を購入する前にメリット・デメリットをしっかりと把握しておくことで、より目的に合ったカメラ選びを行うことが可能です。

まずは、屋外へWi-fiカメラを設置した場合のメリットとデメリットを紹介します。







1-1.メリットヾ蔽韻棒瀉屬任る

泥棒 Wi-fiに対応しているカメラは、カメラとモニター・録画機器とのあいだに配線の必要がありません。そのため、配線ルートを確認したり、配線ケーブルの準備をしたりする手間を省くことができます。 また、Wi-fiの電波さえ届けばデータのやり取りができるため、電源の確保ができれば屋外の高い場所や離れた場所であっても簡単に設置することが可能です。木の上や道路を挟んでいるなど、データ用の配線が難しい場所に設置したい場合には重宝します。 また、一度設置した後に状況の変化に応じて気軽に設置場所を変更できることも、Wi-fiカメラのメリットといえるでしょう。




1-2.メリット∧数台のカメラでも管理が簡単

修理

アナログ方式のカメラを使用する場合、映像を確認するためには専用のモニターを配線でつなぐ必要がありました。しかし、Wi-fiカメラの場合は、電波さえ届けば映像の確認ができます。

インターネット回線を仲介することで、パソコンやスマホなどの機器からもアクセス可能です。複数の場所に設置した場合にも、ネットワークを利用すれば1つの端末で同時に管理することができます。

カメラの機種によっては、音声の録音機能や動体検知機能など、機能は多種多様です。異常を検知した際にはアラームで通知してくれるものもあるため、複数の機器を離れた場所から一元管理したい場合には非常に便利だといえます。





1-3.デメリット_れた際に原因が分かりづらい

故障」

Wi-fiカメラを使用する場合には、カメラとモニター・録画機器をつなぐために、ルーターを使用する場合がほとんどです。

そのため、使用する機器が増える分、不具合が起きた際に原因を特定する手間も増えます。

v使用している機器の設定内容を把握できていれば、自分で不具合が起きた場所を特定することが可能です。

しかし、使用している機器の知識を持っていない場合、カメラそのものが故障しているのか、カメラ以外の機器が故障しているのかなど、不具合の原因の特定は難しくなります。

また、カメラ自体が無事であっても、なにかの拍子に各種設定をいじり不具合の原因となる場合も少なくありません。

すぐに専門家の手を借りられないこともあるため、最低限の対処ができるだけの知識を身に付けておく必要があります。








【2年保証】防犯カメラ・WiFi-SDカード録画カメラ|総務省・技術基準適合証明取得機器|1080P・200万画素|白ホワイトES-CW620FW/C・黒ブラックES-CW620FB/C

取扱説明書ダウンロード


取扱説明書ダウンロード



WiFi接続とてもかんたんです








2.屋外にWi-fiカメラを設置する際の注意点


その2

屋外にWi-fiカメラを設置する際、注意すべき点があります。

しかし、どのような点について注目すればよいか分からない方も多くいるでしょう。

ここからは、屋外にWi-fiカメラを設置する際に注意すべき点について具体的に解説します。

特にWi-fiカメラの使用がはじめての方は、ぜひ参考にしてください。







2-1.電波妨害・ジャミング

電波妨害・ジャミング

Wi-fiカメラはデータのやり取りを電波で行っているため、何らかの形で電波がつながらなくなった瞬間に、全ての役割を果たせなくなります。

建物の形状などによって電波が伝わりにくくなることも珍しくありません。

さらには、ジャミングという電波の妨害装置を使用して、電波が妨害されることもあります。

本来、ジャミング装置はコンサート会場や研究施設など、一定の要件を満たして無線局免許を得たうえで、余計な電波を遮断したい場所のみに使用されます。

ジャミング装置は、電気街やネットショップなどで安価に購入できるだけでなく、遮断する電波はWi-fiなどにも影響することから、犯罪に利用されることも少なくありません。

実際に泥棒がWi-fiカメラの電波を妨害するために、ジャミング装置を使用して犯行に及ぶケースは珍しいものです。

しかし、屋外にWi-fiカメラを設置する際は、少なからずこのようなリスクがあることを覚えておきましょう。





2-2.電源ケーブルが必要

電源ケーブルが必要

データのやり取りがWi-fiで行えても、電源自体は別問題です。

短期間の使用や小型のものであれば、電池やポータブル電源でもまかないきれます。

しかし、ソーラーパネルを搭載しているWi-fiカメラの場合、日照条件への配慮をしなくてはなりません。

また、Wi-fiカメラを長期間使用したり、しっかりとしたセキュリティ対策として導入する場合、設置場所の近くにコンセントがなければ、別途電源ケーブルを用意する必要があります。









【2年保証】防犯カメラ・WiFi-SDカード録画カメラ|総務省・技術基準適合証明取得機器|1080P・200万画素|白ホワイトES-CW620FW/C・黒ブラックES-CW620FB/C

取扱説明書ダウンロード


取扱説明書ダウンロード



WiFi接続とてもかんたんです








3.屋外用Wi-fiカメラを選ぶ際のポイント


その3

Wi-fiカメラを設置する場所や撮影したい時間、どこまでの機能性を求めるかによって、優先すべき条件はさまざまです。

最後に、屋外用Wi-fiカメラを選ぶ際のポイントを4つ紹介します。

特に、どのような機能が必要なのか分からず、商品選びに悩んでいる方は、ぜひ活用してください。





3-1.防水・防塵

防水・防塵

屋外にカメラを設置するのであれば、防水・防塵機能を外すことはできません。

しかし、Wi-fiカメラは精密機械であるため、設置環境の変化に耐えられるカメラでなければ、ちょっとした天候の悪化ですぐに壊れてしまいます。

設置場所にもよりますが、周囲に雨風を遮るものがない場所に設置する場合は、できるだけIEC(国際電気標準会議)によって定められたIP規格の等級が高いものを選ぶとよいでしょう。可能なら、「IP66」の表記があるカメラが理想的です。




3-2.夜間撮影塵

電夜間撮影塵要

犯罪対策用として屋外カメラを使用するなら、夜間撮影機能のあるWi-fiカメラを選びましょう。

一般家庭の空き巣は昼間の被害発生が多く、店舗等であれば無人になりやすい夜間が狙われやすくなります。また、在宅中に行われる「忍び込み」という犯罪は、夜間に行われることがほとんどです。

夜間の撮影には、「低照度カメラ」と「赤外線カメラ」の2種類があります。低照度カメラは広範囲の撮影に向いていますが、周囲にライトなどの光源が必要です。赤外線カメラは近距離向きで、暗闇の中であっても被写体を捉えられますが、赤外線の照射範囲外は撮影できません。




3-3.動体検知・人間検知・自動追尾塵

動体検知・人間検知・自動追尾塵

犯罪が発生してしまった場合の対策として、動体検知・自動追尾機能が有効です。

動体検知とは、カメラに搭載されたセンサーが動くものを察知すると同時に、撮影や録画を開始する機能のことです。

人間検知は、人間の顔などの輪郭を検知します。

自動追尾機能は、撮影されている対象の行動に合わせて、カメラのレンズ部分が追いかけながら撮影を続ける機能を指します。

犯行の決定的瞬間を捉えていれば、捜査の手がかりや犯人逮捕の際の証拠として使用することが可能です。

そのため、動くものを撮影する機能を持つカメラを設置することで、犯罪者への抑制効果を期待できます。




3-4.スマホ連動

スマホ連動

Wi-fiカメラであれば、ネットワークを介してスマホとの連動が可能です。

画像の確認以外にも、マイク機能やスピーカー出力機能、双方向で音声通話機能のあるタイプから、遠隔で操作できるタイプまであります。

動体検知・自動追尾機能が動作した際にアラートメールで通知が受け取れるなど、出先であっても常に状況を把握していたい方にはおすすめの機能です。










4.まとめ

Wi-fiカメラは電源さえ確保できれば、設置や移動が簡単です。

Wi-fiカメラはネットワークを介してスマホを利用することができるため、外出先や旅行先などであっても操作や確認を手軽に行うことができます。

しかし、Wi-fiカメラは精密機器のため、故障の際に自分で対応できるかどうかだけでなく、電波が遮断された際に機能しなくなる点についても注意が必要です。

実際にカメラを選ぶ際は、Wi-fiカメラのデメリットもしっかりと把握したうえで、設置場所や設置目的に合った機能のある機器を選びましょう。








【2年保証】防犯カメラ・WiFi-SDカード録画カメラ|総務省・技術基準適合証明取得機器|1080P・200万画素|白ホワイトES-CW620FW/C・黒ブラックES-CW620FB/C

取扱説明書ダウンロード


取扱説明書ダウンロード



WiFi接続とてもかんたんです