RSS
 
当店へのお客様の声・口コミ メールでの問い合わせフォーム
このエントリーをはてなブックマークに追加 お気に入りに追加
SDカード録画カメラ動画でご紹介です。

▼SDカード型(130万画素/32GB・64GB・128GB・200GB〜対応)

レコーダーがなくてもこのSDカードがあれば録画出来てしまう優れものです!使うメモリーカードはmicroSDカードの標準で32GBで最大200GBまで増強可能です。動体検知録画(何か映像に動きがあった場合のみ録画)やスケジュール録画完備!映像も最大130万画素という超高画質で録画します。

モニタリングや設定変更操作はパソコンで行います。ご法人・設備管理・家庭用などいろいろな目的でお使い頂けます。


ご法人・設備管理・家庭用他
(型番:ES-CW105SW/C)
商品詳細ページへ

ご法人・設備管理・家庭用他
(型番:ES-CD136SW/C)
商品詳細ページへ
SDカードで録画!レコーダーいらず!
家庭用としても当然お勧めです!
SD200GBまで対応
設置出来る面は天井・壁両方
画質は130万超高画質
防滴防雨防塵(IP66) 前面からの水気対応!
2-5m広角レンズ搭載
▼まとめ▼
標準32GBで目安3.7日記録です。
動体検知録画も可能です。
完全防雨型です。
パソコンを接続してモニタ
リングや設定を行います。
ご家庭用としてもいかがでしょうか?
▼ダウンロード▼
録画日数表
取扱説明書
かんたん説明書
機器仕様書
▼ダウンロード▼
録画日数表
取扱説明書
かんたん説明書
機器仕様書


▼監視・防犯カメラの概要

ここでは監視・防犯カメラの概要についてご説明します。

設置方法や目的(家庭用その他)、ご予算といった形で多岐に渡ります。

商材選定のヒントにして頂ければ幸いです。

商品は豊富にありますので、ぜひご家庭用から業務用として参考としてください。

家庭用から業務用までご不明な場合は、お電話・メールでお問い合わせください。




▼設置する目的


まずは設置する目的を整理します。

漠然とした目的は既にお持ちの上で当ページをご覧頂いていると思います。


・家庭用

・業務用

・車上荒らし対策

・ごみ置き場のいたずら防止


ここでの「目的」とは以上のような大まかな目的を持ちつつ以下の点を考えます。


〔ち海僕事(犯罪など)を防ぐ「防犯」目的。

△垢任僕事(犯罪など)が発生して、「再犯の証拠保全」が目的。

まだ有事(犯罪など)が発生していないが、「有事が発生した時の証拠保全」が目的。


と3つに分かれると思います。

これは今まで当店がお客様との対応の中で傾向としてまとめてプロとして見解をまとめたものが大きく分けて3つとなります。この目的により、形状選択が一番先頭に来る、機器選定の課題となります。



▼上記´↓での形状と設置方法


家庭用や業務用など問わず、上記´↓で監視・防犯カメラ形状を決める必要があります。


〔ち海僕事(犯罪など)を防ぐ「防犯」目的。

不法侵入者などの不審人物の目に触れやすい形状の箱型・筒形を選定します。

設置場所・施工方法もその人物の目に触れやすいところに設置します。

抑止効果を前面に押し出して、未然に有事を防ぎます。

→設置場所例:家庭用、マンションなどの集合住宅、会社・事務所など


△垢任僕事(犯罪など)が発生して、「再犯の証拠保全」が目的。

上記とは逆に、不法侵入者などの不審人物の目に触れにくいドーム型を選定します。

設置場所・施工方法もその人物の目に触れにくいところに設置します。

気を付けなければ行けないのが、メインとなる被写体の場所と設置する監視・防犯カメラの距離です。

あまり遠いとその人物の顔が特定出来ません。

近すぎるとその人物にバレてしまうので、施工・設置前にデモンストレーションを行って設置位置を決める必要があります。

→設置ケース例:車上荒らし、ごみ置き場のいたずら等


まだ有事(犯罪など)が発生していないが、「有事が発生した時の証拠保全」が目的。

上記△汎瑛佑任后

ただ△醗曚覆襪里蓮△泙斥事にはなっていないので上記,陵彖任蘯茲蠧れ、箱型・筒形も取り入れて「防犯」も考慮しても良い考え方になります。



▼屋内設置か?屋外設置か?


ここまでで、監視・防犯カメラの形状を選定しました。

ここでは「屋内設置か?屋外設置か?」に着目します。

屋内設置の場合はそんなに気にしなくても良いですが、屋外型の場合は雨風に対応する機器を選定する必要があります。

ここで言う雨風対応のものとは?というお話になりますが、基本的には「防水規格IP66」という規格を選定するのが無難です。

このIP66とは、

「粉塵が内部に侵入しない。波浪または、いかなる方向からの水の強い直接噴流によっても有害な影響をうけない。」

と定められた規格なので、雨風は対応しているものという事になります。

現在の市場で屋外で使えるようなものは家庭用なども含めて殆どこの規格が適用されています。

屋外設置用に関してはIP66規格が適用されているか否かを確認してください。



▼夜間監視も必要かどうか?


標準そのままですと夜間監視は映りません。

家庭用ではお部屋に設置する事はないと思いますが、その他の環境では部屋内に設置する場合はあると思います。

この場合、部屋の電気が消えてしまうと映像として捉える事は出来ません。

屋外も同様で、夜間時は監視出来ません。

赤外線暗視機能や好感度暗視機能などが必要です。

一般に安価帯のものは赤外線LED機能が付いていますので、夜間監視が必要な場合はこの赤外線LED機能が付いているものを選定してください。

ただここで気を付けなければいけないのが、この赤外線LEDは夜間になると赤く光るので目立ってしまう点が挙げられます。

前記で「証拠保全で目立たないように設置」の場合は設置場所により相反する場合があるので、注意が必要です。

この赤外線LEDは真っ暗闇でも、赤外線LED照射距離内であれば被写体を捉える事が出来ます。

ここでも注意が必要なのは、被写体が赤外線LED照射距離内で赤外線LEDの光を浴びではじめて映像としてとらえる事が出来ます。

従って、遠目の風景・景色は映像として捉える事が出来ません。



▼録画をどのように行うか?


録画を行うには、


A.レコーダーを設置する(監視・防犯カメラ・レコーダー間は配線が必要)


メリット:実な監視・録画を行うことが出来ます。モニタリングを行えば故障時はすぐに気が付くことが出来ます。

録画はHDD録画なので、長い日数の録画が可能です。


デメリット:配線・ケーブル工事が発生するので、その分の費用や施工方法の検討が必要です。



B.SDカード録画型・監視・防犯カメラ自身で録画(電源のみ配線が必要または監視・防犯カメラ直近にコンセントがあれば可)


メリット:配線は電源だけでいいので、設置方法が上記Aよりは格段に簡単です。

家庭用としてもかんたんに取り扱う事が出来ます。


デメリット:常時モニタリングを行わない状態での設置が殆どの為、定期点検・確認をしない限り故障時は気付く事が出来ません。

またmicroSDカード特性上、録画日数が少なく、HDDよりは寿命は短いです。

更にちょっと高所に設置した場合、SDカードは監視・防犯カメラ内部にあるのでいちいち脚立などを使って取り出さないといけないので手間が増えてしまいます。


家庭用・業務用問わず、ご自身にあった録画方法の選定が必要です。



▼画素数の選定


画素数とはこの数値が大きければ大きいほど鮮明な映像が表示・録画出来るという指標です。

当店では、


・アナログ52万画素シリーズ

・AHD200万画素シリーズ

・SDカード130万画素シリーズ


と3つの画素数帯をご用意しています。

考え方の切り分けとしては、


・アナログ52万画素シリーズ→家庭用向・設置自体が目的

・AHD200万画素シリーズ→ご法人様などにお勧め・証拠保全重視(犯人の顔など)

・SDカード130万画素シリーズ→上記両方(家庭用・ご法人)のニーズを満たしたもの


というような考え方になります。



▼その他・家庭用の概念


近年では家庭用かなり普及しています。

家庭用として家庭用の防犯グッズで対策を行っている方も多いと思います。

当店でも近年では「家庭用」監視・防犯カメラのお問い合わせが大変多く、この場をお借り致しまして御礼申し上げます。

家庭用ジャンルとしてお問い合わせが多いのは、


・赤外線が装備されているか。

・選び方。

・録画が何日出来るのか。

・家庭用で最適なものは?

・家庭用でも設置場所に適切なところは?

・家庭用と業務用に違いは?

・ペットを監視したい。


などが多いです。

家庭用とはいえ、やはり重要な財産を守る重要なツールとして見直されています。

家庭用されど家庭用・でも家庭用。

当店では家庭用も豊富に取り揃えており、特にSDカード録画型がお勧めです。

家庭用は是非当店でお求めください。

▼SDカード型について

当店はSDカード録画型が得意なのが強みです。

しかし、使用用途や目的によってはメリット・デメリットは発生します。

SDカード型の特性をよく把握した上、機器選定を行う必要があります。

家庭用としても大活躍する、SDカード型について詳しく解説します。

防犯・監視カメラの概要についてもご説明いたします。




▼SDカードタイプの概要


写真1・SDカードをカメラに挿入

写真1のようにmicroSDカードというメモリーカードの中でも一番小さな媒体を監視・防犯カメラの内部に挿入して録画を行います。

通常の監視・防犯カメラのシステムを考えると、監視・防犯カメラから配線を行い、配線を宅内まで引き込んでレコーダーに接続するというものが通例です。

これは、業務用・家庭用限らずのお話です。

一方で、これに電源さえ入れる事が出来ればそれで終わりです。

(当然、SDカード録画監視・防犯カメラのライブ映像を常時監視したい場合はモニターの場所までのケーブル工事が必要です)

録画映像を見たい場合は、SDカードを抜きます。

それをパソコンに接続して見ます。

録画映像を確認し終わったら、またSDカードをカメラに戻します。

業務用・家庭用限らずこれが機能概要になります。


●この商品はこちら→SDカード録画型防犯カメラ商品一覧


▼SDカード型のメリット1:配線がかんたん!


図1・配線図

図1をご覧ください。

これは配線例になります。

当然、家庭用としても設置可能です。

配線は電源コンセントが近くにあればそれでOKです。

少し遠い場合は、延長ケーブルを使えば大丈夫です。

モニタリングはパソコンを使用します。

(実際のSDカード型の映像はInternet Explorer11でアクセスします)

なのでノートパソコンがあればそれでモニタリング出来ます。

ノートパソコンが無い場合は、LANケーブルは100mまで切り売り販売しておりますので、例えば家庭用として設置される場合は、調整用で一時的に設置位置から宅内にLANケーブルを繋げる方法でも大丈夫です。

常時モニタリングされたい場合は、LANケーブルを敷設して頂く事になります。


●この商品はこちら→SDカード型商品一覧


▼SDカード型のメリット2:録画再生がかんたん!


図2・SDをUSBへ

図2をご覧ください。

SDカード型は映像の閲覧がかんたんです。

家庭用のパソコンでもかんたんに映像が見れます。

上記写真1のようにSDカードを監視・防犯カメラから抜いて、図2のようにUSB変換アダプタにSDカード経由でパソコンに接続してフォルダを開けて映像をパソコン上で確認します(機種により付属のCDのソフトウェアをインストールの上、映像を再生します)。

また、事件などの一部始終の録画映像があれば、それをそのままパソコンに落とす事も可能です。

なので極論、説明書無しでも再生映像が見れてしまうくらいの手軽さ・かんたんさを兼ね備えていますので、家庭用でも重宝されている理由でもあります。


●この商品はこちら→SDカード型商品一覧


▼SDカード型のメリット3:価格が比較的安い


図2・SDをUSBへ

左の価格比(当社比)をご覧ください。

通常なシステムで防犯カメラ⇔レコーダー間で配線工事をしてというシステムで防犯カメラ1台+録画レコーダーセットで¥29,980でSDカード録画型防犯カメラは当然ながらその下の価格帯です。

防犯カメラ2台になりますと通常システムの方がコストが安くなりますが、配線工事が絶対に発生します。

それを考えるとSDカード型の方が断然コストは低く抑えられます。


●この商品はこちら→SDカード録画型防犯カメラ商品一覧