RSS
 

家庭用の防犯カメラはこれで決まり!ドーム型とボックス型と特徴と設置場所

 

防犯カメラに、ドーム型とボックス型があるのをご存知ですか?

また、どちらを設置しようと考えていますか?

設置することで部屋や空間の印象がどのように変わるのか、どのようなことに気をつけるのかをしっかり理解した上で選択し、設置するべきです。


今回は、知っておきたい防犯カメラの種類「ドーム型」と「ボックス型」のそれぞれの特徴についてご紹介します。


■ドーム型

・特徴

 最大の特徴はデザインにあります。

照明器具のような丸いデザインであるため、監視しているという威圧感が少なく、雰囲気を壊しにくいです。


また、広角レンズで広範囲を監視することができます。

どこを監視しているかわかりにくいため、侵入しにくいことも特徴です。


ドーム型はカメラのレンズが全方向に向けて常時旋回するタイプのものや、設定した範囲だけを監視するタイプのものがあります。

一台で部屋全体を監視したいときにはドーム型のカメラが向いています。


・デメリット

 構造上レンズが小型であるため、カメラの性能としては少し下がります。

気づきにくいというメリットもありますが、逆に防犯カメラと気づかれないがために抑止力にはならず、空き巣などの被害を止められないなどの問題もあります。


・設置したい目的や場所

 屋内のリビングなどに、ペットや子供の監視のために設置する方もいます。

また、万が一空き巣被害があっても、証拠としてすぐに犯人を特定することができます。


防犯や監視のためにカメラを設置したいが、見た目を気にするという方におすすめです。


■ボックス型

・特徴

コンビニなどにあるように、存在感やインパクトがあり、威圧感が特徴です。

泥棒や犯罪者を寄せ付けません。

また、コンパクトで、天井や壁などどこでも簡単に設置することが可能です。


ピンポイントではっきり撮影することができます。

高い防塵防水機能を持つものが多く、屋外に設置しても問題ありません。


・デメリット

 取り付けが簡単である反面、壊されやすいというデメリットもあります。

また、撮影する範囲がドーム型より狭いため、死角ができてしまいます。


・設置したい目的や場所

 玄関や勝手口、窓、ベランダ、駐車場など、屋外の防犯に効果的です。

防犯カメラで監視しているという威圧感で犯罪を未然に防ぐという効果もあります。


■まとめ

 いかがでしたか?

ドーム型は屋内というわけではなく、玄関に設置することで外観を保ち、広範囲を監視できる側面もあり、ご家庭や設置する場所と目的によって様々です。

それぞれの特徴を踏まえた上で、購入を検討して観てください。

駐車場のトラブルを回避!家庭用防犯カメラを設置しよう!

   

ご自宅の車の管理は万全ですか?

車は便利な乗り物であると同時に大切で高価な資産の一つです。

毎年、車ごと盗まれる事件や、車上荒らし、パンク・傷付けなどの被害が報告されています。


車を自宅の敷地内に駐車しているから安全というわけではなく、犯罪者の目に止まるような立地条件・管理の仕方では、いずれそうした被害にあうかもしれません。

被害を防ぐには、犯罪者が嫌がるような防犯対策を万全にしておく必要があります。

そのために、今回は、駐車場被害の原因と対策をご紹介します。


■どういう車が狙われるのか?

 どういう車が狙われやすいのでしょうか。

まずは、車内にお金になるものが放置されているという場合です。

車上荒らしは報酬を獲得するために発生します。

貴重品は自宅に持ち込むか、外から見えないように隠しておきましょう。


 また、犯行をしやすいかという場所も関係しています。

立地上周りから見えにくかったり、家の塀が高すぎると狙われやすくなります。

また、逃げやすいかどうかも注意すべき点です。


たとえ見つかっても、逃走経路が確保されればリスクを冒してでも狙われることがあります。

十字路や丁字路など逃げ道の多いところに住んでいる方は注意が必要です。


■防犯カメラを使って犯罪者を寄せ付けない!

 こうした車上荒らしやパンクなどの破損対策には「防犯カメラ」の設置が最も有効です。

犯罪者の心理に大きな影響を与えるのが「監視されている」ということです。

悪いことやしてはいけないことをしようとするとき、誰でも人の目を最も気にしますよね。


犯罪者を寄せ付けないためには、監視の目として防犯カメラが有効です。

実際に、東京・新宿の歌舞伎町に、50台の防犯カメラが設置されたときのデータによると、2003年には2249件あった犯罪が、1年間で2042件と200件近く減りました。


京都の京田辺市でも、駐輪場に防犯カメラを6台設置しただけで、182件あった自転車盗難の被害件数が10パーセント減少したと言われています。

こうしたデータは日本だけでなく、世界的にみられ、あらゆる犯罪対策に有効です。

 また、立地は変えられないので、死角をなくすためにも防犯カメラは必要です。


■もし被害が出ても早期解決!

 もし車上荒らしやパンクの被害が出ても、犯人を割り出して早期解決が可能です。

24時間365日監視するため、昼夜問わず車に被害が出ても犯人を特定することができます。


常習犯や連続犯を早めに捕まえることで、今後の被害拡大を防ぎます。

また、他の事件に関わった人が防犯カメラに映り込み、これをきっかけに事件解決に貢献できるということも防犯カメラのメリットです。

今回は、自宅の駐車場のトラブル原因と対策についてご紹介しました。

大切な車の被害をなくすためにも防犯カメラは必要です。

大切な資産の一つですので、守るためにも一度検討してみてください。

話題の「AHD200万画素カメラ」は何がすごい?プロがメリットを徹底解説!

  

防犯カメラで録画時間は大切です。

これと同等に「画素数」も大切です。

防犯やレジ周りの監視、施設管理のためにカメラを設置している方は多くいらっしゃいます。


しかし、画素数が悪いためはっきりした映像が映らず、設置しているのに万引きやお会計の時のトラブルを解決できないなんてことがあっては困りますよね。

ある程度はいい画質のものが必要です。


そこで今回は是非おすすめしたい「AHD200万画素カメラ」の特徴とメリットについてご紹介します。


■フルハイビジョン映像で監視!

 そもそも画素数とは、英語でピクセル(pixel)のことを指します。

たくさんの画素で描写することにより、動画となる光の点の密度が高くなり、精細な動画が得られます。


例えば、同じ大きさのテレビで縦800個、横480個の画素で描写される動画より、縦1920個、横1080個の画素で描写された動画の方がより鮮明にきめ細やかな部分まで表現されます。


ちなみに1920、1080はフルハイビジョン画質(フルHD)とも言われ、テレビやスマートフォンなどで見る動画と同じくらいの画質です。

画素数が、1920、1080=2,073,600なのでおよそ200万画素ということになります。


AHD200万画素カメラは、フルハイビジョン映像でテレビと同じくらい鮮明に録画できるということです。

レジ周りでのトラブルを、鮮明な映像で解決することができます。


■既存のアナログカメラの置き換えが簡単!

 

AHDは「Analog High Definition」の略で、アナログ規格で映像を高画質にすることを可能にした映像方式です。

アナログカメラと同じケーブルを使用することができるため、すでに設置されているアナログカメラとレコーダーを交換すればフルハイビジョン画質で映像を見ることが可能になります。


■遠隔監視が可能に!

 AHDカメラは、スマートフォンやパソコンからインターネットを通して遠隔監視をすることができます。

アナログカメラでも遠隔監視は可能でしたが、フルハイビジョンにより、スマートフォンでもきれいな映像を見ることができるようになりました。


■他のカメラと同じくらいでお手頃価格!

 カメラに内蔵されているチップを製造する会社が販売戦略を変えたため、価格を抑えることができました。

従来のアナログカメラとほぼ同じくらいの価格(1万円ほど)で購入できるため、そこまで大きな予算を立てる必要ありません。


■まとめ

いかがでしたか?

今回は「AHD200万画素カメラ」の特徴についてご紹介しました。

200万画素のフルハイビジョン映像、既存のアナログカメラと置き換え可能、鮮明な映像で遠隔監視が可能、価格もお手頃、の4点の特徴があることを理解していただけたかと思います。


当店は防犯カメラ専門店ですので、ご希望に沿ったカメラの種類や台数をお選びいただけます。

保証も充実していて、プロの立場から防犯カメラ選びをサポート致します。

本格的な監視・防犯したい方はぜひ一度お問い合わせください。

防犯カメラの録画時間は?知っておきたい録画設定について

比較的大きなマンションやアパート、工場・倉庫、書店などの店舗には犯罪対策として防犯カメラ(ハードディスク・HDDタイプ)は欠かせません。

防犯カメラには、監視や管理、防犯、安全対策など様々な目的で使用されます。


そのため、録画日数や画質など記録の仕方が異なるため、用途にあわせた防犯カメラ選びが大切です。

今回は、HDDタイプの防犯カメラの録画設定と録画時間についてご紹介します。


■録画時間とカメラの台数

 録画時間はHDDによって決まっています。

この容量が大きければ録画できる時間が長くなります。

カメラの台数が多くなれば、その分の録画機の負担が大きくなります。

つまり、カメラの接続台数が多いと録画できる日数や時間が短くなるということです。


■画質がよければ録画時間は短くなる

 画素数や解像度が大きくなればなるほど、より綺麗な高画質映像を録画できます。

しかし、同じHDD容量の録画機でも画質がよければ、録画できる時間が短くなるというデメリットがあります。

工場などの生産ラインで異物混入などの問題を解決したい場合は、画質を高くする必要がありますが、防犯のためだけなら画質は低くても問題ありません。


■フレームレートも録画時間を変える

 フレームレートとは、防犯カメラが1秒間に何コマの画像を撮ることができるかを示す数値です。

単位はfpsで、テレビのようなスムーズな動画が最大で、30fpsです。


ニュースでみる防犯カメラの映像がパラパラ漫画のように見えるのは、このフレームレートが関係しています。

数値を下げればぎこちなくなりますが、数値を上げれば録画時間は短くなります。


■録画設定の目安

録画設定は様々で、場所にあわせて調整することが必要です。


・駐車場

駐車場などのあまり出入りの多くない・動きの少ないところでは、フレームレートの数値を落としても問題ありません。


・お店

スーパーや書店などの人の動きが多いところは、フレームレートの数値を上げて動きを見逃さないようにするのがお勧めです。

このような設定にしておくと、万引きが起こった場合に犯人を特定することが可能です。


・工場

工場など細かい作業も見逃さない場合は、高画質でフレームレートの数値も高くし、大きな容量のHDDが必要になります。


■録画時間の目安とは?

 録画できる時間の目安は以下の通りです。(一台あたりの設定は「録画コマ数:1秒に5枚」「画質0〜5段階:4」です)

これらはあくまでも目安値になります。

上記の設定によって変化します。


1TBの場合

 カメラ1台=28日、2台=14日、3台=9日、4台=7日


2TBの場合

 カメラ1台=56日、2台=28日、3台=18日、4台=14日


4TBの場合

 カメラ1台=112日、2台=56日、3台=36日、4台=28日


いかがでしょうか?

録画について少し理解していただけたかと思います。

エレックシステムでは、自動見積が可能で、ご要望に合わせて自由にカスタマイズすることができます。

これを機会にぜひ一度ご検討ください。

アパート・マンションオーナー必見!知って起きたい防犯カメラのメリット

 

「敷地内や周辺でのペットのフンで困っている」「ごみ収集場所の利用状況が良くない」などの問題は、オーナーさんや管理人の方にとっては解消しにくいのではないでしょうか。


特定できないと注意できませんし、ペットお断りにしてしまうと住民の方の不満につながり、契約数にも関わります。

こうした問題を抱えている方にぜひご提案したいのが、「監視カメラ・防犯カメラ」の設置です。

こうした問題や防犯のためだけでなく、そのほかにも様々なメリットがあります。


 

今回は、アパートにぜひ設置したい防犯カメラのメリットについてご紹介します。


■犯罪を未然に防ぐ!

 防犯カメラの最大のメリットは犯罪の抑止力になるということです。

防犯カメラがあるだけで、犯罪件数が減少するというデータは日本だけでなく、世界中で見られ、空き巣などの犯罪対策として大きな効果があります。


また、近年の防犯意識の高まりから、最近建設されたマンションやアパートは、エントランスにセキュリティーのための扉があり、防犯カメラが複数台設置されていることがほとんどです。


入居者は防犯カメラの有無も意識して家を決めることもあるので、これからの入居者数にも関わります。

マンションの入居者数を増やしたい場合にも、セールスポイントとして防犯カメラをアピールすることができます。


■住民のマナーが良くなる!

 冒頭でも述べたように、ペットのフンやごみ収集場所の利用状況の悪さを改善するには、監視の目が必要です。

このような問題は、「誰も見ていないから」というちょっとした気の緩みで起きてしまうものです。


小さい問題が積もって行くことで、アパート内の衛生管理ができなくなったり、汚れなどがつくことで外観が損なわれてしまいます。

防犯カメラを設置しておけば、こうした問題が起きても、破壊・不適切な利用をした人を防犯カメラの映像から割り出し、注意することができます。


掃除する手間も省けて、利用状況に対する住民の不満も無くなります。

カメラに記録されているという意識が良い環境を保つことにつながります。


■設置する前に事前に住民と相談

 こうしたメリットもありますが、もちろんデメリットもあります。

防犯のために設置しますが、「常に監視されている」というストレスと感じる場合があり、住民の方によっては反対意見もあります。


また、プライバシーの侵害にならないかも注意が必要です。

窓の中がカメラに映ったりして生活様式が外から見えてしまう場合、大きなトラブルにつながることもあります。

どこに何台設置するかなど事前に相談しておくことが必要です。


いかがでしたか?

防犯カメラには犯罪の防止だけでなく、入居者数を増やすセールスポイントや住民の生活環境の維持にも役立ちます。

エレックシステムでは、防犯カメラを専門として取り扱っており、保証も充実しております。

ご希望に沿った防犯カメラの提案を致しますので、是非一度お問い合わせください。

駐車場オーナー必見!防犯カメラを設置すべき理由とは?


「最近近辺で車上荒らしや盗難被害が出ているので、対策をしたほうがいいのか」「防犯カメラの設置は本当に必要なのか」と思っている方はたくさんいらっしゃいます。


毎年ニュースで車にキズやパンクなどの被害が報告されています。

自宅の駐車場は人の目が届きやすく、近づきにくいため事件が比較的起こりにくいです。

しかし、月極めの駐車場や、マンションの駐車場は人が近くにおらず、人目につきにくいので、車上荒らしなどの問題が起きやすいです。


 

今回は、駐車場オーナーの方に知っていただきたい防犯カメラの必要性についてご紹介します。


■防犯の効果は絶大

 防犯カメラは、設置するだけで効果があります。

いわゆる「抑止力」です。防犯カメラの設置によって犯罪率が下がったというデータは日本だけでなく、世界的にみられており、人間の心理に大きな影響があります。


突発的な事件は防げませんが、防犯カメラで計画的な事件を防ぐことはできます。

また、車だけでなく、逃走した犯人が写っていたなど、周囲で起こった事件の解決に役立つこともあり、地域への貢献にもなります。


■防犯カメラは収益につながる

 

周りや自分の所有する駐車場で事件やいたずらが起こった場合、駐車場の利用者がつけて欲しいと希望する場合もあります。


しかし、中にはコストや手間を心配し、防犯カメラを設置しないという方もいらっしゃると思います。

実際、防犯カメラを設置していないために責任を追及される可能性は低いです。

防犯カメラを設置したからといって、契約者以外の人が駐車場に入らないようにするということは不可能ですし、いたずらをなくすということも不可能です。


 しかし、防犯対策をしないことで、解約が増えたり契約が減ることで収入が減ったりすれば元も子もありません。

最近は防犯意識が高まり、セキュリティを気にする方が増えています。


駐車場を選ぶ際のキーポイントにもなりますので、設置することをお勧めします。

また、設置することで安心や安全を売りにすることで、契約も増えるのではないでしょうか。


いかがでしたか?

もちろん防犯カメラの設置には費用がかかります。

費用がかかるからと自分や目の前のことだけでなく、契約者に安心して使ってもらう、契約者を確保しアピールポイントとして集客につなげるなど、長期的な目で考えることも必要です。


「エレックシステム」では、防犯カメラを専門としていますので、ご希望に沿った防犯カメラの提案が可能です。

駐車場に防犯カメラを設置される際は、ぜひ当店へご相談ください。

初めての方必見!!3分でわかる「SDカード」タイプ防犯カメラのメリット

 

近年の防犯意識の高まりから、ご自宅に防犯カメラを設置しようと考えられている方は多くいらっしゃいます。


空き巣やいたずらなどの予防や、そのような被害にあった場合でも、事件の早期解決に役立ちます。

そこでお勧めしたいのがSDカードタイプの録画カメラです。


初めての方でも簡単に設置できます。

今回は、このSDカード防犯カメラのメリットと注意点をご紹介します。


■一番の売りは低コスト!

最大のメリットは低コストで録画ができるということです。

防犯カメラの真価は録画にあります。防犯カメラには、ハードディスクタイプのものもありますが、このカメラは家庭用として購入するには少し高いです。


防犯やいたずら対策として設置を検討しているのであれば、10万も20万もするカメラを設置することはあまりお勧めできません。


SDカードであれば、2万円ほどと低コストで設置が可能です。

容量も様々で、32GB(約3日)・64GB(約1週間)・128GB(約2週間)・200GB(約3週間)があります。

あくまで目安ですが、目的にあった録画時間を選ぶことができます。


■取り付けも簡単!

設置が簡単という特徴もあります。

電源ケーブルさえつなぐことができれば、ハードディスクタイプのような録画装置との配線は必要ないので、自分ででも取り付けが可能です。


配線がごちゃごちゃして気になるという心配もありません。

少し面倒だったり、設置面が特殊な場合で設置が難しい場合は取り付けもいたします。


■データの取り扱いも手軽!

SDカードの防犯カメラは、映像をSDカードに記録しますので、データの取り扱いが簡単です。

カメラ本体からカードを外してパソコンで簡単に見ることも移すことも可能です。


■設置する場所に注意

先ほど述べたように、SDカードの防犯カメラの録画は、SDカードにしています。

そのため、カードの取り出し口がわかりやすい、カメラ自体が取り外しやすい、という場合は、SDカードやカメラ本体が持ち去られてしまう可能性があります。


こうしたことを防ぐために、高い場所などの手の届かない場所に設置することをお勧めします。


家の周りや駐車場などの屋外に設置する場合は、人の目につきやすい、目立つ場所に設置すると良いでしょう。

犯行現場を監視するだけでなく、防犯カメラがあるということだけで抑止力になります。


いかがでしたか?

防犯カメラをつけたことのない初めての方でも簡単に設置することができます。

小さいお子さんのいるご家庭や一人暮らしの方が安心して暮らすために、手軽に設置できるSDカード防犯カメラを設置してみてはいかがでしょうか

家庭用SDカード防犯カメラを設置する前に!失敗しないための注意点とは

 

どんな買い物であっても、購入前に十分検討することで購入後の失敗を防いでくれます。

実は、防犯カメラも同じなのです。防犯カメラは決して安いものではないので、できるだけ失敗したくないですよね?


そこで今回は、家庭用防犯カメラで失敗しないための注意点と選ぶポイントをご紹介します。


■SDカードタイプ防犯カメラの特徴を知っておく

 玄関や駐車場など、主に家庭用に防犯カメラを設置する場合、たくさん録画できるHDDタイプの防犯カメラもありますが、簡単に設置可能・お手頃価格で十分な機能を持った「SDカード」タイプの防犯カメラが適切です。


このとき注意していただきたいことは、設置する場所と高さです。

このタイプのカメラは、防犯カメラの本体にSDカードを差し込むため、記録したデータが防犯カメラ内にあるということになります。


そのため、このことを知っている空き巣犯ならSDカードを抜き取って証拠をなくすということが考えられます。

取り出しやすい場所や高さである場合は注意が必要です。


 また、防犯カメラの映像を見る場合はSDカードを抜き取ってパソコンで見る場合がほとんどです。

常時モニタリングを行わない状態で設置しているため、点検や確認をしない限り、防犯カメラの故障に気づくことができません。

定期的な点検をしておきましょう。


 SDカードの特性上、録画日数が少ないのはもちろんのこと、HDDより寿命が短いです。

 防犯カメラは明るい昼だけでなく、真っ暗な夜でも録画し続ければなりません。


周りに街灯がない場合は、映像が映らなくなります。

赤外線が装備されているかどうかも合わせて確認しておきましょう。


■防水防塵はどの程度か

 防水防塵を売りにしている防犯カメラには「IP66」のような数字を見ることがあります。

IPは「Ingress Protection」の略で、侵入に対する保護という意味です。

これはEC(国際電気標準会議)およびJIS(日本工業規格)が定める、電気機器内への異物の侵入に対する保護の等級のことです。


IP△◯の△の位置にある数字を第1記号といい、「人体および固形物に対する保護等級0〜6」を表します。

◯の位置にある数字は第2記号と呼ばれ、「水の侵入に対する保護等級0〜8」を表します。


IPの前の数字は「防塵」について、後の数字は「防水」についてと覚えておきましょう。

「IP66」であれば、「防塵形なので粉塵が内部に侵入しない」「いかなる方向からの水の強い直接噴流によっても有害な影響をうけない」というレベルなので、台風などの激しい雨でも浸水の恐れがない防水性能の為、防雨型カメラとして機能を発揮するということになります。


この数値が高いほど防水性は高いです。

こうしたことを知っていると、雨のせいで壊れた、という心配がなくなり、どこに設置すればいいかが自ずとわかります。


■まとめ

 いかがでしたか?

今回ご紹介させていただいたポイントはごく一部ですが、こうした注意点を知っておくことで後悔の少ない購入・使用につながります。

購入の際はこうしたことに注意しましょう。

防犯カメラでアパートの住民を守る!! 管理人必見!! 防犯効果が高いカメラの設置場所とは!!

 

アパートとマンションの違いを聞かれたら、何と答えますか?

きっと、様々な解答が生まれるでしょう。

その中には、「防犯に意識を向けているかどうか」という回答があるはずです。

マンションであればエントランスなどに、防犯カメラを設けています。


しかし、玄関が外と直接繋がっているのではないでしょうか。

構造上、仕方のない部分はありますが、できるのであれば防犯にも目を向けたい所ですよね。

この記事を参考に、自分のアパートに防犯カメラを設けてみませんか。


今回は、アパートにおける防犯効果が高いカメラの設置場所をお伝えします。


・通路

アパートの通路に防犯カメラがあれば、そこの住民が狙われることはほとんどないでしょう。

見かけたことがない人がうろついていても、映像としての記録が残っていれば、警察に協力を煽げます。

もし、犯罪が起きてしまえば、それだけでアパートの評判が下がってしまいますよね。


アパートの中には、誰でも近寄れてしまうような所もあるでしょう。

もしかしたら、住民の人達は日々不安を抱えているかもしれませんね。

不安を抱えたままでは、生活に支障が及んでしまいます。

自分のアパートで不安なく生活してもらうためにも、通路への設置を検討してみてはいかがでしょうか。


・駐車場、駐輪場

このような場所は日中、不特定多数の人が出入りします。

その上、車や屋根によって、多くの死角が生まれてしまいますよね。

もしかしたら、それらを有効的に使って、犯罪を行う人が居るかもしれません。

窃盗ならまだしも、押し入り強盗や不法侵入者を計画している人をアパートに近づけたくはないですよね。


防犯カメラがあるだけで、その人達を威嚇できます。

見通しが悪いなど、駐車場、駐輪場の状況を把握して、適切な位置に防犯カメラを設置してください。


今回は、アパートにおける防犯効果が高いカメラの設置場所として、通路と駐車場、駐輪場をお伝えしました。

防犯設備があるかどうかで物件を探している方は多くいらっしゃいます。

空室を増やさないためにも、防犯カメラを設置しておいて損はないでしょう。


また、住んでいる人達も防犯カメラの設置を望んでいるかもしれません。

一度、アンケートなどをとってみて、具体的な設置案を考えてみてください。

いつの時代も、凄惨な事件は絶えません。


少しでもその格納性を下げるのに、防犯カメラは欠かせない存在なのです。

あなたのアパートに防犯カメラを設けて、アパートの防犯性を高めませんか。

防犯カメラをアパートに設置する前に!! 設置場所に応じて種類を使い分けましょう!!

 

最近の様々な事件を聞いて、防犯カメラの設置を検討している管理人は多いでしょう。

では、具体的な種類をご存知でしょうか?

ここで指す種類とは、形状の事です。


何も考えずに防犯カメラを設置してしまうと、住民の人から「生活しにくい」という意見を耳にするかもしれませんよ。

住民の安全を守るための防犯カメラなのに、そのような意見を聞きたくないですよね。

そのためにも、防犯カメラの種類を知っておきませんか。


今回は、アパートの管理人に知って頂きたい、防犯カメラの種類についてお伝えします。


・ドーム型

マンションのエントランスやエレベーターに設置される事が多いカメラです。

カプセル型とも呼ばれ、他のカメラに比べて小型で、シンプルな形状をしています。

人の出入りが多い共有スペースや訪れた人の雰囲気を壊したくない場所の設置に適しています。

住民の郵便受けを一ヶ所に集めている場合、そこにドーム型の防犯カメラを設けてみてはいかがでしょうか。


・カメラ型

きっと一番目にしたことがある形でしょう。

丸筒の形をしたものが多く、見た人に威圧感を与えられます。

屋外、屋内を問わず設置できるため、様々な場所に設置できますね。


最近では、小型化や高機能が搭載されている、魅力的な防犯カメラが登場してきています。

防犯カメラの設置を検討する際は、このカメラ型から選んでみてはいかがでしょうか。


・センサーライト付きカメラ

その名の通り、センサーと照明が搭載された防犯カメラです。

このようなカメラは、通路の設置に適しています。

設置当初や入居して間もない頃は、突然のライトに驚きますが、生活していくうちに慣れるでしょう。


その上、夜は足元を照らしてくれるため、住民に多くの恩恵を与えてくれます。

センサー付きライトカメラで、住民の生活を支えませんか。


今回は、アパートの管理人に知って頂きたい、防犯カメラの種類を3つご紹介しました。

現在では、種類を隔てて、高性能のカメラが開発されています。


音も拾えたり、遠隔操作ができたり、カメラとしての機能を超えた性能を有しているのです。

設置箇所に応じて、カメラの種類と機能を使い分けることで、防犯効果をより高められるでしょう。


ただ設置するのではなく、使い方も考えた上で、設置してください。

生活しやすく、安全も保障されているアパートなら、入居を希望する人は絶えないかもしれませんね。


そんな住民にとって理想のアパートにするためにも、防犯カメラの知識を蓄えておきませんか。

防犯カメラをアパートに設けるなら!! 防犯機能を発揮するために必要な事とは!!

自分が管理しているアパートに、防犯カメラの設置を検討されている人は少なくないでしょう。

防犯カメラがあるだけで、アパートの魅力が高まりますし、住民の安全も守れます。

設置しない理由を探す方が難しいかも知れませんね。


ところで、防犯カメラを設置する上で必要な事をご存知ですか?

それを知らずにカメラを設置しても、防犯としての機能が発揮されず、意味が無くなる可能性があります。

事件が起きてから、それに気が付いても遅いですよね。


そのためにも、防犯機能を発揮するために必要な事を知っておきましょう。


今回は、防犯カメラを設置する時に意識して欲しい事をお伝えします。




【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・筒型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CW105SW/C 【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・ドーム型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CD136SW/C



・夜間でもしっかりと映るか

現在、購入を検討している製品は、夜間でも映像がしっかりと映りますか?

1日中監視しておかなければならない場所なのに、夜の間の映像が見えなければ意味がありません。

むしろ、夜における監視を重要視されている人も居るでしょう。

それなのに、画面が真っ暗だったら、監視カメラの意味がありませんよね。


最近では、白黒ではなく、フルカラーで写す監視カメラも登場してきています。

監視カメラに安心して、自宅の警備を緩めてしまう住民がいるかもしれません。

事件が起きているのに、何も見えないのは最悪の状況です。

購入する前に、しっかりと夜間の性能を確認しておいてください。





【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・筒型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CW105SW/C 【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・ドーム型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CD136SW/C


・録画データが保存できるか

その監視カメラは、モニターだけに成っていませんか?

実は、そのような使い方をしている人はかなり多いです。

映像だけを映して、記録を保存できなれば、いざという時に使い物に成りません。


証拠の有無は、アパートだけでなく、地域の安全に大きな影響を与えるのです。

防犯カメラとモニターだけでなく、録画機も購入しましょう。

最近では、大容量録画が可能な録画機が開発されてきています。

高機能の録画機を用意して、一定期間の記録を保存できるようにしておいてください。


今回は、防犯カメラ設置する時に意識して欲しい事を2つご紹介しました。

防犯カメラを設置する際、その「存在」に満足しないでください。

大切なのは、「防犯カメラの機能を十分に発揮して、犯罪を起こさせない事」です。

,p>これがわかっていなければ、防犯性は少ししか高まりません。

防犯カメラを設置するのも、決して安くはありませんよね。

せっかく設置するのですから、その機能を最大限生かせる場所を見つけましょう。

防犯カメラの機能を意識して、アパートの安全を管理しませんか。




【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・筒型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CW105SW/C 【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・ドーム型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CD136SW/C


防犯カメラをアパートに設置する前に!! 住民の人と話しておく必要性とは!!

防犯カメラがあれば、アパートの住民を犯罪から守れます。

もし、万が一の事があっても、犯人を特定できる確率が高まりますよね。



そんな防犯カメラですが、住民の人達とトラブルに成ってしまう事があるそうです。

せっかく防犯カメラを設置したのに、取り外すような事態にしたくはないですよね。



そのためにも、防犯カメラを設置する旨を住民の人達と話しておきませんか。

今回は、防犯カメラを設置する前に、アパートの住民の人達と話しておく必要性についてお伝えします。





【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・筒型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CW105SW/C 【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・ドーム型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CD136SW/C



・住民のプライバシーを守れるか

24時間体制で防犯カメラはアパートを見守ってくれます。

それによって防犯効果が高まるのは事実ですが、住民のプライバシーが侵害されてしまう恐れがあるのです。



実際に防犯カメラを設置したアパートの中にも、「カメラが気になる住民が死角から出入りするようになった」、「プライベートを監視されているようで嫌な気分を抱く人が多い」などの問題が発生しています。



犯罪を防ぐための防犯カメラだということは誰でも理解しているでしょう。

しかし、いざ設置すると、生活する上で色々な問題が発生してしまうのです。



もし、住民の人達に相談をしないで防犯カメラを付けてしまうと、裁判沙汰に成ってしまう可能性も否定できません。

アパートに防犯カメラを設ける際は、住民のプライバシーを意識して、設置を検討しましょう。





【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・筒型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CW105SW/C 【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・ドーム型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CD136SW/C



・防犯カメラを設置する前に相談すべき内容

防犯カメラを設置した後で発生する問題を一つでも減らすために、事前に住民の人達と相談してください。



「何処に設置するのか」、「目的は何なのか」、「映像の管理は誰がするのか」など、設置する意図を明確にして、相談に臨みましょう。

住民ならではの意見が出てくることもあります。

「ここに設置したほうが良いんじゃない?」、「管理会社に映像を管理してもらいたい」など、貴重な意見を伺えるでしょう。



それらを踏まえて設置した防犯カメラなら、期待通りの働きをしてくれます。

防犯効果を高めて、より住みやすいアパートにするためにも、防犯カメラについて住民の人達と相談してください。



今回は、防犯カメラを設置する前に、アパートの人達と話しておく必要性についてご説明しました。

重宝する防犯カメラですが、これまでに様々な問題が発生してきています。



どのような問題が発生していたのかを知ることで、トラブルのない運用ができるのです。

防犯カメラの問題点と住民のプライバシー管理を意識して、防犯カメラの設置を検討しましょう。




【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・筒型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CW105SW/C 【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・ドーム型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CD136SW/C


防犯カメラで駐車場の当て逃げを見逃さない!! 自分が居ない時にこそ車を守りましょう!!

月極駐車場を利用したことがある人にお聞きします。

いつの間にか車にキズが付いていませんでしたか?

もしかしたら、他の利用者が付けてしまった傷かもしれません。


小さいキズであれば、何も気にせずに修理してしまう人も居るでしょうが、今後も同じ事が起こる可能性を考えれば、防犯カメラの設置を検討しても良いのではないでしょうか。


今回は、当て逃げの対策として用いる防犯カメラに備えて欲しい機能についてお伝えします。




【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・筒型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CW105SW/C 【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・ドーム型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CD136SW/C



・当て逃げとは

まずは、当て逃げについて知りましょう。

当て逃げは車に関する被害の中でも、複雑な問題です。

車上荒らしの様に故意で行われた危害なら、警察に相談して処理してもらえるでしょう。


しかし、当て逃げの場合、車にキズを付けた人が気付いていない場合もあるのです。

通行人がたまたま小石を蹴った事で車にキズが付いてしまうこともあります。

確かにキズは付いてしまいましたが、損害賠償を請求しづらいですよね。

他の人と問題に成るのを避けたい人も居るでしょう。


このように、当て逃げは色々と面倒な事態に陥るのです。

それを少しでも解消するには、誰が、いつ、キズをつけたかを知れる防犯カメラの設置をオススメします。





【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・筒型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CW105SW/C 【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・ドーム型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CD136SW/C


では、当て逃げの問題を解消しやすくするための防犯カメラには、どのような機能を備えれば良いのでしょうか。


・当て逃げ対策として重宝する防犯カメラの機能

防犯カメラを設置する場合、画質が良い製品を選んでください。

車の中、駐車場の中など、設置する場所を問わず、画質に目を向けましょう。


当て逃げの証拠で重宝されるのは、「誰が当てたか」ということです。

駐車場に設置するには管理人の人と相談する必要がありますが、費用の負担などを提示してみてはいかがでしょうか。


何度も車を当てられているのに、我慢しかできないのは、精神的にも金銭的にも辛いですよね。

画質が良い防犯カメラで、車の安全を確保しましょう。





【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・筒型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CW105SW/C 【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・ドーム型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CD136SW/C


今回は、当て逃げ対策の防犯カメラに備えておいて欲しい機能についてご説明しました。

証拠があるだけで、管理人や警察から協力を得ることができます。


揉め事を避けるために、カメラの設置を検討している管理人は意外と多いみたいです。

もしかしたら、ここで防犯カメラを設置する事で、大きな犯罪を防げるかもしれませんね。


彼らの背中を押して、駐車場にカメラを設置してもらいましょう。

自分の車を守れるのは自分だけです。

防犯カメラ以外にも様々な工夫をして、他の人から自分の車を守りませんか?




【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・筒型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CW105SW/C 【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・ドーム型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CD136SW/C


防犯カメラで駐車場の車上荒らしを撃退する!! 車を守るために事前対策をしませんか?

皆さんは車上荒らしの対策をしていますか?

「自分は大丈夫」と思っていたら、被害を受ける日がいきなり訪れますよ。

被害が起きてからでは、もう遅いですよね。

しっかりと対策をして、手痛い損害を受けないようにしませんか。

今回は、防犯カメラを使った車上荒らしの事前対策についてご説明します。





【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・筒型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CW105SW/C 【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・ドーム型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CD136SW/C



・車上荒らしが発生する時

そもそも、車上荒らしがどのようなタイミングで発生するかをご存知ですか?

事例を見ても、人通りの少ない時間帯や深夜など、ある程度の共通点がありますが、ほとんどの車上荒らしは急に発生します。

同じ車を狙い続ける犯人も居ますが、その場合、金品よりも消費者に危害を加えたい可能性が高いです。



「駐車場に入れておけば大丈夫」と考えていても、ガレージなどが無い限り、誰でも入れてしまいます。

つまり、多くの車は常に車上荒らしに狙われているのです。

事前対策をしておくだけでも、狙われる確率が大きく下がります。

では、どのような対策をするのが良いか見ていきましょう。





【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・筒型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CW105SW/C 【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・ドーム型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CD136SW/C



・防犯カメラを見せる

事前対策として駐車場に防犯カメラを設置する場合、誰でも見える位置に設置してください。

「なんで防犯カメラを見せるの?」

このように思われた方も居るでしょう。

防犯カメラが設置されている事を示すだけで、それだけで被害に遭う確率をかなり低くできます。

わからない所に設置したいひともいるでしょう。



その場合、犯人の特定が期待できますが、被害は必ず生じてしまいます。

被害を受けた以上、損害賠償を請求したい人もいるでしょうが、未然に防ぐことが一番ですよね。

犯人への威嚇と犯行の証拠を押さえられる防犯カメラは、車上荒らしに最適な対策です。

防犯カメラをあえて見える所に設置して、車を守りましょう。



今回は、防犯カメラを使った車上荒らしの事前対策についてご説明しました。

この記事を読んで、「起こってもいない事を対策するのに、そんなにお金をかけたくない」と思った人も居るでしょう。

そのような方は、ダミーカメラの設置を検討されてはいかがでしょうか。

撮影機能は無くても、防犯カメラにしか見えないダミーカメラも事前対策としての費用対効果は高いです。





【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・筒型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CW105SW/C 【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・ドーム型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CD136SW/C



このように、事前に対策を講じることで、幅広い選択肢が生まれるのです。

事前対策をしたい人は、インターネットや防犯設備を扱っているお店で情報を集めてみてはいかがでしょうか。

あなたの大切な車を守るためにも、防犯カメラで事前対策をしましょう。




【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・筒型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CW105SW/C 【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・ドーム型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CD136SW/C


防犯カメラで駐車場のイタズラを防ぐ!! 防犯効果を高める選び方とは!!

皆さんは駐車場のイタズラを放置してしまっていませんか?

何も対策をしないと、被害がエスカレートしていって、数十万から数百万の被害を講じてしまうかもしれませんよ。



こんな被害が出ているのに、犯人が分からず泣き寝入りする事態にしたくはないですよね。

そのためにも、防犯機能と犯人特定が期待できる防犯カメラを設置しませんか?

今回は、駐車場に設置する防犯カメラの選び方をお伝えします。



・証拠を押さえることを意識する

防犯対策として、様々な方法が考えられますよね。

しかし、何よりも「証拠を残す事」を意識してください。

誰がいつ、どんな風に危害を加えているかを知るだけで、効果の高い対策ができます。

その上、警察にも協力してもらえるでしょう。

証拠が無ければ、見回りの強化で終わってしまいます。

警察も全ての事件に対応できるわけではありません。

少しでも協力してもらえるように、証拠を確保しておきましょう。





【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・筒型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CW105SW/C 【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・ドーム型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CD136SW/C



イタズラとは言え、自分の所有物に対して危害を加えている以上、立派な犯罪です。

証拠を押さえて、しっかりと罪を償ってもらいましょう。



・全体を監視するならズーム機能を備えておく

車の中に防犯カメラを設置される方も居るでしょう。

しかし、外を監視する以上、外からもカメラが見えてしまいます。

カメラの死角にイタズラされてしまったり、気分を逆なでして被害がエスカレートしたりするかもしれませんよ。



犯人を特定したい気持ちもわかりますが、まずは全体を監視するカメラを設置しましょう。

見えない所にカメラを設置すれば、何も警戒していない犯人の手口を監視できます。



それだけでも十分な効果がありますが、より効果的な対策をしたいのであれば、ズーム機能がある防犯カメラを設置してください。

自動でズームをしてくれるカメラもありますが、予算的に厳しい人も居るでしょう。

そのような人は遠隔操作で操作できる防犯カメラを選んでみてください。

犯人がイタズラする時間がわかれば、顔は厳しくても、ほとんどの情報を得られるでしょう。



どうしても特定したい方は、その後で、個人を特定するカメラを設置してください。



今回は、駐車場に設置する防犯カメラの選び方をご説明しました。

出費を気にして、購入に踏み切れない方もいらっしゃいますよね。

しかし、いつまでも放置し続ければ、防犯カメラの出費が些細なものに感じるような損害を受けてしまうかもしれません。

これ以上の出費を抑えるためにも、防犯カメラを設置しませんか。




【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・筒型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CW105SW/C 【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・ドーム型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CD136SW/C


SDカードが使える録画カメラを使って防犯をしよう!! 運用するために注意すべき事とは!!

「防犯カメラを設置したいけど、費用がちょっと」

そのような方にオススメしたいのが、SDカードの録画カメラです。

導入費用をほとんどかけずに設置できるため、多くの人が抱えている問題を解消するでしょう。



しかし、何事にも長所と短所があるように、運用する際に注意して頂きたい事があるのです。

せっかくカメラを設けたのですから、現状の変化を期待したいですよね。

そのためにも、運用上の注意点を把握しましょう。

今回は、SDカードを使える録画カメラを使う上での注意点をお伝えします。





【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・筒型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CW105SW/C 【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・ドーム型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CD136SW/C



・カメラに録画機能が搭載されている事

録画装置を別の所に設置する防犯カメラなら、カメラに危害を加えられても直前の映像までをしっかり記録できます。

けれども、SDカードで記録するカメラの場合、カメラが駄目に成ってしまうと録画機能も壊れてしまうのです。



このように、加害者がカメラに危害を加えた際、カメラ自体の弱さによって防犯が意味をなさなく成ってしまいます。

その問題に対しては、手を出せないような高い場所にカメラを設置する事で解消できるでしょう。



しかし、録画カメラではSDカードを交換する必要がある為、その都度の手間がかかってしまいます。

高い場所に録画カメラを設置するなら、少しでもその手間を省けるように、容量が多いSDカードを用意してみてはいかがでしょうか。



・SDカードの弱さ

SDカードは様々な面で優れている記録媒体です。

欠点を上げるとすれば、録画可能時間と書き換え可能回数でしょう。

画質を鮮明にするほど、録画時間は短くなってしまいます。

様々な要素によって、録画可能時間を長くできますが、DVDなどに比べると、とても短いです。





【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・筒型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CW105SW/C 【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・ドーム型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CD136SW/C



録画できる容量が無くなっても、SDカードなら書き換えができますが、それにも限りがあります。

限界数を超えてしまうと、SDカードは記録ができなくなってしまうのです。

長期的に、自分や自分の財産を守りたいのであれば、かなりの数のSDカードを用意しなければなりません。



そのような使い方をしたい人は、他の媒体を用いたカメラを探してみてはいかがでしょうか。

設置する意図、期間を明確にしてから、カメラを探しましょう。



今回は、SDカードを使う録画カメラの注意点をご説明しました。

SDカードに記録する録画カメラを用いる際は、SDカードの扱いを意識してください。

それを意識するかどうかで、対策の結果が変わります。

効果の有る防犯をするためにも、SDカードと録画カメラの注意点を知っておきましょう。




【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・筒型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CW105SW/C 【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・ドーム型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CD136SW/C


賃貸物件にこそ防犯カメラは必要!設置の際の注意点

今、賃貸物件を選ぶ際のポイントとしてセキュリティー面が非常に需要なポイントになってきています。

特に女性の方は、気にされる方が増えてきています。

そんな中で、ご自身が所有する賃貸物件に防犯カメラを導入しようとお考えのオーナーさんもいらっしゃるのではないでしょうか?

でも、いざ導入するとなると入居者の反応が気になりますよね。

そこで今回は、賃貸物件に防犯カメラを導入する際の注意点についてお話しいたします。



■入居者のプライバシーに配慮する

防犯カメラを導入するにあたりまず気になるのが、プライバシーです。

入居者のプライバシーに配慮して設置するのはもちろんですが、近隣住民にも配慮することが求められます。

具体的には、入居者の居住空間や近隣住民の敷地が映らないような角度・位置に設置する必要があります。

屋外の敷地や共有スペースであるエントランス、エレベーター、階段などは設置しても問題ないでしょう。



しかし、それらの場所に設置した際にどうしてもプライベートな部分が映り込んでしまうときもあるかと思います。

そのような場合には、「プライバシーマスキング」というカメラ機能を利用しましょう。



これは、映したくない部分を塗りつぶして映像に残さないようにするものです。

このような機能も活用して、入居者と近隣住民のプライバシーを守り、トラブルに発展することを避けるようにしましょう。





【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・筒型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CW105SW/C カメラ・ドーム型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CD136SW/C">



■設置目的と運用方法を共有する

上で述べたプライバシーに配慮した設置に合わせて、もう1つ注意しなければならないのが防犯カメラの運用についてです。

ある日突然防犯カメラが設置されていたら、なんの目的で、どのような場所を映して、またどのような位置に設置されたのか気になりますよね。



このようなもやもやした状態が続くと、オーナーと入居者の信頼関係が揺らいでしまいます。

また、これがきっかけでトラブルに発展してしまう可能性もないとは言い切れま 【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画せん。</p>
<p>それを防ぐためにも、防犯カメラを設置する際は目的と運用方法を明確にし、それを入居者と共有する必要があります。</p>
<br>
<br>
<p>具体的には、入居者の安全を守るために防犯目的で設置した、映像の閲覧はパスワードが必要で限られたものしか見ることができない、警察に求められたときのみ映像データを提出する、このようなことを伝えましょう。</p>
<p>加えて、運用規約を用意しておき、新規入居者やプライバシーが気になる入居者に渡せるようにしておくといいでしょう。</p>
<br>
<br>
<p>いかがでしたか?</p>
<p>今回ご紹介したことを参考に、防犯カメラを設置してください。</p>
<p>また、防犯カメラの設置をお考えの方は、ぜひ当店へご相談ください。</p>
<br>
<br>
<br>
<a href=【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・筒型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CW105SW/C 【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・ドーム型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CD136SW/C


駐車場に防犯カメラを設置しよう!当て逃げ対策に効果大!

車の当て逃げ被害は故意に行う場合だけではありません。

本人も気付かぬうちにあててしまった場合もあります。

そうした側面から、当て逃げは非常に厄介な被害であるといえます。

そこで、今回は防犯カメラによる当て逃げ対策についてお話しいたします。



■当て逃げ被害の現状

当て逃げは加害者がもちろん存在するのですが、その加害者側が被害を与え

たことに気づいていない場合もあります。



そのような場合に、加害者に申告しても「知らなかった」といわれてしまえば、何もできないのが現状です。

また、加害者は不特定多数であり、被害にあった瞬間を見ていない限り、相手を特定することも難しいです。



加えて、車上荒らしなどのように現場に物的証拠も残りにくく、被害も曖昧な場合が数多くあります。

このような状況ですと、警察に被害を申し入れても証拠がなく、被害も明確でないために動いてもらうことができません。

結果、被害者は泣き寝入りしてしまうことが多いのが現状です。





【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・筒型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CW105SW/C 【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・ドーム型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CD136SW/C



■当て逃げ対策には「防犯カメラ」

上で述べたように他の被害よりも厄介な当て逃げですが、対策を取ることで何とかできる場合があります。

そのためには、証拠を集めることが必要です。



物的証拠としては、車のキズ、車の破損パーツ、車以外の破損部分などが挙げられます。

また、モノ以外でも周りの人の証言も集めた方がいいでしょう。

しかし、これらの証拠がそう上手く揃うケースは少ないです。



そこで重視したいのが、防犯カメラの映像です。

映像として被害にあった状況を提示できるので証拠能力も非常に高く、とても役に立ちます。



相手の車の動きは勿論、車種、ナンバー、被害にあった時間帯など、信憑性のある情報がたくさん詰まっています。

この映像を証拠として警察に提出すれば、解決に向けて動いてもらうことができます。



もしナンバーがわからなくても、地域や車種、時間帯などの情報から犯人を見つけ出せることもあります。

また、犯人が言い逃れをしたり、被害を加えたことに気づいておらず無罪を主張したりしたとしても、証拠能力の高い映像があるため、真実を明らかにすることが可能です。

このように、防犯カメラは当て逃げ対策に非常に有効な手段であるといえます。



いかがでしたか?

当て逃げ被害は不特定多数が加害者になりうることができることに加え、証拠が揃いにくく、加害者が故意ではない場合もあるために、非常に立証することが難しい被害です。



しかし、防犯カメラを設置することで被害者が泣き寝入りしないで済む場合も数多くあります。 このような被害にあわないためにも、ぜひ駐車場への防犯カメラの設置をご検討ください。


【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・筒型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CW105SW/C 【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・ドーム型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CD136SW/C


アパートオーナーの方必見!防犯カメラで入居者に安全を提供しよう!

アパートのアピールポイントは、バストイレ別、リフォーム済み、新築、駅チカなど様々なものがあります。

その中で賃借人はどのポイントを重視しているかご存知ですか?

実は近年、セキュリティー面を重視される方が増加しているのです。



セキュリティーを高めるといっても、アパートの作りを変えるような大掛かりな工事はなかなか難しいですよね。

そこで導入していただきたいのが、「防犯カメラ」なのです。

今回は、アパートに防犯カメラを導入するメリットについてお話しいたします。



■賃借人は「安全面」でアパートを選ぶ

犯罪のニュースが絶えない中で、特に女性の方の防犯意識が高まってきています。

女子大学生やOLは、この傾向が強いそうです。

お部屋探しで重視したポイントを調査したあるアンケートによると、女子学生は1,通勤通学時間(56.0%)、2,間取り(40.9%)、3,セキュリティー(39.4%)と全20項目ある中でも、セキュリティー面を重視していることがわかります。



OLにおいてもセキュリティーを気にされる方は31.6%と決して少なくありません。

さらに詳しくその防犯に求めるものを別の会社が調査したところ、1,2階以上、2,TV付モニターインターフォン、3,オートロック、4,駅やバス停に近い、5,防犯カメラという結果が出ています。





【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・筒型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CW105SW/C 【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・ドーム型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CD136SW/C



■「防犯カメラ」が与えるオーナーへのメリット

アパート経営は、空室をいかになくすかにかかっています。

特に新生活に向けて新居を探している方が増加する1月から3月に、どれだけの入居希望者を獲得できるかが重要です。

新築や駅チカ、リフォームなどを売りにしているアパートには、立地や費用面でどうしても対抗できないこともあるかと思います。





【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・筒型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CW105SW/C 【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・ドーム型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CD136SW/C



そこでアピールしたのが「安全性」です。

オートロックは立地などの制限で導入できない場合もありますが、「防犯カメラ」ならものによってはご自身で設置できるものもあります。



また、価格も比較的安価です。

上記でも述べた通り、安全性を気にされる方は増加しているので、これは強いアピールポイントになります。



また、防犯カメラを設置することで常に監視されている状況を作り出すことができ、潜在的犯罪者の犯罪を抑止する効果もあります。

したがって、「防犯カメラ」はアパートの価値を高めてくれるといえます。



いかがでしたか?

防犯カメラは賃借人に安全性を提供し、オーナーには入居希望者を集めやすくしてくれるというメリットを与えてくれることをお分かりいただけたかと思います。

いま防犯カメラの導入をお考えの方は、ぜひ当店へご相談ください。




【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・筒型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CW105SW/C 【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・ドーム型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CD136SW/C


防犯カメラの設置をお考えの方必見!防犯カメラの効果!

「防犯カメラを設置しようかと考えているが、本当に効果があるの?」

そう疑問に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

結論から言うと、防犯カメラには犯罪を抑止・解決する効果があります。

でも、そういわれてもイマイチ信用できませんよね。

今回は、こうした効果について簡単にお話しいたします。



■犯罪抑止効果

現在日本では、国と自治体で防犯カメラの設置をすすめています。

そして、設置したことにより犯罪が減少したというデータも出ています。

これは日本だけではなく世界的に見ても共通することです。



では、なぜ防犯カメラを設置することで、犯罪が減少するのでしょうか?

それは、犯罪をすることを思いとどまらせる効果があるからです。



防犯カメラで常に監視されているので、潜在的犯罪者の犯罪、特に計画的な犯罪を未然に防ぐことができます。

犯罪自体の数を減らす効果はありませんが、その場で計画的な犯行が行われる可能性を減らすことは可能です。

そうした意味でも、防犯カメラに犯罪抑制効果があるといえます。





【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・筒型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CW105SW/C 【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・ドーム型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CD136SW/C



■犯罪解決効果

仮に犯罪が起きてしまったとしても、防犯カメラがあればその犯行の様子を映像として記録しておくことができます。

犯行時にいなかった、気づかなかったというような場合にも、こうした映像があれば犯人検挙の手助けになります。

実際、防犯カメラの映像は証拠能力が高く、映像のおかげで事件が解決したという事例も数多くあります。



防犯カメラが犯人検挙につながるということは、その地域の治安も良くなるということです。





【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・筒型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CW105SW/C 【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・ドーム型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CD136SW/C



■効果を高めるにはどうすればいいの?

では、犯罪抑止と犯罪解決の効果をより高めるにはどうすればいいのでしょうか?

前者の効果を高めるには、防犯カメラがあることをアピールするのがいいとされています。

防犯カメラは見えにくいところに設置されていることも多いです。

そのような場合、犯罪者は常に監視されているという意識を持たないため、犯罪を抑止することはできません。

それを防ぐためにも防犯カメラがあることをステッカーで知らせることが必要です。

積極的に防犯カメラの存在をアピールしていきましょう。



後者においては、画質のいいカメラにするといいでしょう。

画質の悪いカメラだと、犯人の素早い動きに対応できないものもあります。

ある程度画質のいいカメラですと鮮明に記録でき、証拠としての利用価値も高くなります。



いかがでしたか?

今回ご紹介したことを参考に、ぜひ防犯カメラの導入を検討してみてください。




【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・筒型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CW105SW/C 【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・ドーム型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CD136SW/C


防犯カメラの種類知ってる?SDカードタイプのメリットとデメリット

みなさん、こんにちは。

防犯カメラを選ぶ際に、データの保存方法に種類があることをご存知ですか?

いろいろな種類があることは知っていても、その違いを知っている方は少ないのではないでしょうか?

そこで今回は、SDカードに保存する防犯カメラのメリットとデメリットについてお話しいたします。



■SDカードタイプの防犯カメラって?

これはカメラ本体にSDカードを挿入して映像を記録するものです。

従来は録画装置が必要で配線などの手間もかかりましたが、こちらはご自身で簡単に設置できます。

その扱いやすさから女性の方や、初めて防犯カメラを設置される方、費用が心配な方にお勧めのタイプです。





【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・筒型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CW105SW/C 【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・ドーム型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CD136SW/C



■メリット1, 価格

まずあげられるのが、その安さです。

防犯カメラにも様々なタイプがありますが、その中でも最も安いのがこのタイプです。

ものにもよりますが、安いものは1万円以下で購入することができます。

また、2万円程度あれば機能も良く、使いやすいもが手に入ります。

設置費用も掛かりませんので、全体的に安く抑えられます。





【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・筒型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CW105SW/C 【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・ドーム型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CD136SW/C



■メリット2, 設置が簡単

従来の防犯カメラは録画装置が必要で、それとカメラ本体をケーブルで繋ぐ必要がありました。

したがって、カメラを屋外へ設置する場合には室内の録画装置とカメラを繋ぐために壁に穴をあける大掛かりな工事が必要とされてきました。

しかし、このタイプは電源ケーブルを繋ぐだけでいいので、ご自身で簡単に設置していただけます。





【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・筒型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CW105SW/C 【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・ドーム型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CD136SW/C



■メリット3, データの取り扱いが簡単

映像データはすべてSDカードに保存されます。

そのカードは本体から取り外し可能で、パソコンで映像を再生したり、データを別の場所へ移したりすることも可能です。

また、SDカード自体も小さくて場所を取らないので、データ管理も簡単に行うことができます。





【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・筒型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CW105SW/C 【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・ドーム型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CD136SW/C



■デメリットは?

まずは容量の小ささが挙げられます。

SDカードは32GBから64GBが一般的ですが、この容量では24時間撮影するとなると数日しか録画できません。

加えてカメラが高画質になるとさらに容量が大きくなるので、録画時間は短くなってしまいます。



また、本体にSDカードが挿入されているので、手が届く場所に設置してしまうとデータを誰かに取られてしまう可能性もあります。

この2点がSDカードタイプのデメリットであるといえます。



いかがでしたか?

デメリットもありますが、防犯カメラに高画質を求めず、設置場所を工夫すれば解消することも可能です。

ぜひ検討してみてください。




【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・筒型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CW105SW/C 【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・ドーム型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CD136SW/C


読むだけでわかる!家庭用防犯カメラを屋外に設置するときのポイント!

家庭用の防犯カメラを屋外に設置しようとお考えの方もいらっしゃるかと思います。

しかし、その設置にもポイントがあることをご存知でしたか?

それを知らずにただ置くだけでは、その防犯効果が薄れてしまいます。

そこで今回は、防犯カメラを屋外に設置する際に押さえておきたいポイントについてお話しいたします。



■防犯カメラの種類

屋外用の防犯カメラにも、「防滴型」と「防雨型」と「完全防水型」の3種類があります。

「防滴型」は雨が直接かからないが、多少濡れてしまうような軒下などへの設置に適しています。

「防雨型」は、防滴型よりも耐水性に優れており、直接雨がかかる屋外へも設置できます。

「完全防水型」は、もっとも優れた防水性能を備えており、水中でも使用できます。



このように屋外用防犯カメラと一口に言っても、様々なタイプがあります。

防滴型を雨が直接当たるような場所へ設置してしまうと、故障してきちんと作動しなくなってしまいます。これでは、設置した意味がありません。

したがって、屋外のどの場所に設置するのか定めて、適したタイプの屋外用防犯カメラを選ぶことが大切です。

また、なるべく防水機能の高いものを選ぶのがお勧めです。





【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・筒型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CW105SW/C 【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・ドーム型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CD136SW/C



■敷地の四方に設置する

防犯カメラを屋外に設置する場合、玄関のみに設置するでは効果がありません。

どこから侵入者が来るかわからないので、敷地を囲い込むように複数の防犯カメラを設置することをお勧めします。



また、その際に死角を作らないように意識しましょう。

複数の防犯カメラが敷地を取り囲んでいる家は、侵入者を予防することにもなりますし、もし侵入されてしまったとしても映像に残っている可能性が高いです。

多少お金はかかりますが、やはり安全性を考えると複数台設置した方がいいでしょう。





【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・筒型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CW105SW/C 【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・ドーム型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CD136SW/C



■近隣住民に配慮する

防犯カメラの映像は、個人情報を保護するためにも近隣住民のプライベートな部分が映らないように配慮する必要があります。

たとえ自分の敷地内に設置するとしてもこれは守らなくてはいけません。



もし防犯カメラでプライバシーを侵害するようなことがあると、訴えられることもあるので注意が必要です。

また、設置した際はステッカーなどで防犯カメラの存在を示す必要があります。



周囲に配慮して設置した場合でも、防犯カメラが設置されたことに不快感を示す方もいらっしゃいます。

近隣住民とのトラブルを避けるためにも、こうした配慮が必要になってきます。



いかがでしょうか?

近隣住民への配慮は意外と見落としがちかと思います。

今回ご紹介したポイントを押さえて、防犯カメラの設置を検討してみてください!




【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・筒型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CW105SW/C 【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・ドーム型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CD136SW/C


簡単解説!防犯カメラの録画に関するあれこれ

みなさん、こんにちは。

防犯カメラを購入されることをお考えの方も、中にはいらっしゃるのではないでしょうか?

購入の際に気にするポイントの一つとして、録画機能の有無があるかと思います。

しかし、録画できたとしてどれくらいの期間録画することができるのでしょうか?

そんな疑問にお答えするために、今回は防犯カメラの録画機能についてお話しいたします。



■録画方法

録画した際にそのデータを保存しなければなりませんが、その方法は主に3つあります。

まず1つめが、SDカードです。容量は32GBから64GBまでと、ハードディスクに比べて小さいです。

24時間録画するとなると、この容量では2、3日しか録画がすることができません。

ご家庭で短期間の監視でしたら、こちらでも問題ないかと思います。



2つめが、HDです。容量は250GBから500GBがかつては主流でしたが、現在は1TBから4TBが主流になってきています。

これですと、一般的な防犯カメラで約1か月は録画することが可能です。

ある程度容量も確保できるので、個人だけではなく法人まで普及しているタイプです。



3つめが、サーバーです。

これはIT系防犯カメラ会社が採用している録画方法です。

録画データを操作される心配がなく、その容量も自分で選択することができます。

金額次第では半年以上の録画も可能です。





【ご家庭用他・お値段で選ぶ】アナログ52万画素・防犯カメララインナップはこちら

【ご法人・施設管理など証拠能力なら】AHD200万画素・防犯カメララインナップはこちら

【録画機不要!当店一番人気!カメラ自身で録画】SDカード録画カメララインナップはこちら





■録画に影響する要因

録画時間は容量によって決まりますが、それ以外にも影響を与える要因があります。

1つめが画質です。

高画質の映像は後から解析しやすくていいのですが、その分容量も大きくなります。

したがって、高画質であるほど録画時間が短くなってしまうというデメリットもあります。



2つめの要因が、フレームノートです。

これは、カメラが1秒間に何コマ撮ることができるかを決める数値を指します。

フレームノートを大きくすれば、映像はより滑らかな動きになりますが、容量を圧迫してしまいます。



3つめが、複数のカメラです。

1つのレコーダーに複数つないでしまうと、必然的に1台当たりの録画時間は減ってしまいます。



■録画時間の選び方

目的に応じた録画時間よりも、少し長めに録画できるものがいいでしょう。

目安としては、録画したい時間の倍くらいのものがお勧めです。

防犯カメラ業界ではHDの販売で利潤を得ようとする傾向があります。

したがって、業者に勧められるがまま録画時間を選択してしまうと、費用が高くついてしまうことがあります。

それを防ぐためにも、録画する目的をしっかりと業者に伝えるようにして、最適な録画時間を選ぶようにしましょう。



いかがでしたか?

今回ご紹介したことを参考に、防犯カメラの録画機能を見てみてください!




【ご家庭用他・お値段で選ぶ】アナログ52万画素・防犯カメララインナップはこちら

【ご法人・施設管理など証拠能力なら】AHD200万画素・防犯カメララインナップはこちら

【録画機不要!当店一番人気!カメラ自身で録画】SDカード録画カメララインナップはこちら




これさえ読めば大丈夫!家庭用防犯カメラを選ぶポイント!

みなさん、こんにちは。

犯罪のニュースが絶えない中、ご家庭でも防犯カメラを設置される方が増えてきています。

今この記事を読んでいる方の中にも、設置されることを検討している最中という方もいらっしゃるのではないでしょうか?



しかし、家庭用防犯カメラにも様々なものがあり、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、家庭用防犯カメラを選ぶ際のポイントについてお話しいたします。



■カメラを設置したい「場所」と監視したい「時間帯」

最初のポイントがこの2つです。

屋内か屋外かだけではなく、金庫などのある特定の狭い範囲を監視したいのか、あるいは部屋全体などの広い範囲を監視したいのかなどによって、適した防犯カメラが異なります。



加えて、時間帯も考慮するようにしましょう。

夜をメインに監視したいのなら暗視機能は欠かせませんが、それにも種類があります。



「赤外線LEDカメラ」は赤外線で狭い範囲を映すもので暗闇に強く、「低照度カメラ」は少しの光が必要ですが広範囲を映すことができるという特徴があります。

したがって、まずは設置したい場所と監視したい時間帯を決めて、あなたが何を求めるのか明確にすることが大切です。





【ご家庭用他・お値段で選ぶ】アナログ52万画素・防犯カメララインナップはこちら

【ご法人・施設管理など証拠能力なら】AHD200万画素・防犯カメララインナップはこちら

【録画機不要!当店一番人気!カメラ自身で録画】SDカード録画カメララインナップはこちら





■目的に適した機能

次に確認したいのが、カメラの機能です。

画質でいうとモノクロかカラーか、画素数はどれくらいかなどがあげられます。

他にも、録画機能、遠隔監視、逆光補正などの機能を備えたものもあります。

その中からあなたが必要とする機能は何なのか定めて、それらの機能が備わっているカメラをピックアップしてみましょう。





【ご家庭用他・お値段で選ぶ】アナログ52万画素・防犯カメララインナップはこちら

【ご法人・施設管理など証拠能力なら】AHD200万画素・防犯カメララインナップはこちら

【録画機不要!当店一番人気!カメラ自身で録画】SDカード録画カメララインナップはこちら





■求めるレベルと予算の擦り合わせ

防犯カメラの機能と値段はピンキリです。

安さだけで決めてしまうと、防犯効果はイマイチだったなんてことにもなりかねません。

そうならないためにも、あなたが求める防犯レベルと予算を擦り合わせていくことが必要です。



低予算である程度の防犯を求める方でしたら、スマホやPCで映像を確認できる多機能型IPカメラがお勧めです。

家全体をしっかり防犯したいという方には、複数のカメラをパッケージで販売している商品でなおかつ録画機能がついているものがお勧めです。

予算は気にしないからしっかりと防犯したいという方には、ホームセキュリティー会社のものだと警備サービスもついているのでお勧めです。



いかがでしたか?

上記を踏まえると、まずはあなたが防犯したい場所と時間帯、そのためにカメラに必要な機能、求める防犯レベルと予算、この3つを明確にしておく必要があります。

値段も機能も様々ですので、これらを明確にして納得のいくカメラを選びましょう!




【ご家庭用他・お値段で選ぶ】アナログ52万画素・防犯カメララインナップはこちら

【ご法人・施設管理など証拠能力なら】AHD200万画素・防犯カメララインナップはこちら

【録画機不要!当店一番人気!カメラ自身で録画】SDカード録画カメララインナップはこちら




不法投棄を根絶!防犯カメラによるアパートのセキュリティ効果

「最近、ゴミ捨て場に不法投棄が多い」

そんな悩みのお持ちのアパート大家のみなさん!

アパートのゴミ捨て場に不法投棄されたゴミを処理するための費用は、住民の方から集めた管理費や、場合によっては大家さん本人が支払っていることもあるのではないでしょうか。

この不法投棄を根絶するための施策として、防犯カメラをお考えの方もいらっしゃると思います。今回は、そんな方に向けて、防犯カメラの魅力についてお話しします!






アナログ52万画素・防犯カメララインナップはこちら

AHD200万画素・防犯カメララインナップはこちら

SDカード録画カメララインアップはこちら




■抜群の抑止力


不法投棄は、もちろんのことながら人の出入りが少ない時間帯に行われることがほとんどです。そのため、大家さんの目で注意深く見張るというような施策は、賢明ではないというのは実感されていることでしょう。

不法投棄を行うような人は、昼間などの時間帯にあらかじめアパートの調査を行っていることがほとんどです。その際に、犯人が防犯カメラを発見した場合、わざわざそのゴミ捨て場を選ぶ確率はかなり少なくなります。実際に防犯カメラを設置した後は、不法投棄がぱったりと無くなったというケースは非常に多いです。

防犯カメラの抜群の抑止力によって、不法投棄を根絶することが可能です。



■住民の安心感

防犯カメラの副次的な効果としては、住民の安心感の向上というものがあります。今回は不法投棄に着目していますが、その他にもストーカーや空き巣の被害を防止する効果も期待することができます。これはアパート経営全体に対しての利益と言うことができるでしょう。

またアパートの1室が空室になってしまった時にも、防犯カメラの魅力は発揮されます。最近の傾向として、特に女性の場合は、新しい入居先を決める際、セキュリティ面を重視する人が増加しています。つまり、防犯カメラを設置することで、ご自身のアパートが入居先の選択肢の一つに入って来る可能性が上がるということです。

継続的に入居者を期待できるという点も、防犯カメラを設置するメリットとなります。



■まとめ


今回は、不法投棄にお悩みの大家さんに向けて、防犯カメラを設置するメリットをご紹介しました。

社会学的な法則で、割れ窓理論というものがあります。簡単に言うと、建物の窓が割れているのを放置していると、他の犯罪が起こりやすい環境になるという理論です。

アパートの不法投棄には、この割れ窓理論が当てはまります。つまり、不法投棄が頻繁に起こる状況を放置していると、空き巣など他の犯罪も起きやすい環境になります。

このような、副次的な犯罪を防止するためにも、防犯カメラを設置し、不法投棄を防止することにはメリットがあります。

不法投棄にお悩みの方は、是非防犯カメラの設置をご検討ください!




アナログ52万画素・防犯カメララインナップはこちら

AHD200万画素・防犯カメララインナップはこちら

SDカード録画カメララインアップはこちら




効果的な防犯カメラはどれ?絶対欲しい!防犯カメラの性能!

一口に防犯カメラといってもそれぞれが様々な性能を兼ね備えていて、どれを選べばいいのかわからないですよね。

そこで、防犯カメラを選ぶ際に、ぜひ搭載していてほしい機能や注意点をまとめてみました。



■防犯カメラはカラーのものを!


防犯カメラは見られているということによる、抑止力をはかり、犯罪を未然に防ぐことも大きな役割ですが、やはりもし何かあったときに犯人を特定出来ないようでは意味がないですよね。

白黒の防犯カメラもありますが、やはりカラーのものが好ましいでしょう。

着ている洋服の色、乗っていた車、使用した道具、など目撃者も、顔はよく見ていなかったけれど色はぼんやりと覚えていたなんてこともよくある話です。

やはり色が分かれば犯人の特徴をつかみやすく、何が起きたのかもわかりやすいです。




アナログ52万画素・防犯カメララインナップはこちら

AHD200万画素・防犯カメララインナップはこちら

SDカード録画カメララインアップはこちら





■防犯家カメラ専用の機材を用意


録画用にご家庭のビデオデッキを使うことも可能ですが、長時間の監視をご検討の場合は、専用のものを用意されることをおすすめします。





【2年保証】防犯カメラ・アナログ52万画素4CH録画ハードディスクレコーダー|500GB搭載・HDD最大4TBへ増強可・日本語メニュー|ES-DV804A 【2年保証】防犯カメラ・AHDカメラ200万画素4CH録画ハードディスクAHDレコーダー|1TB搭載・HDD4TB迄増強・日本語メニュー|ES-DV804P



■有線カメラ


無線カメラは有線カメラに比べ、不安定です。

いざ何か起きたタイミングで撮影されていなかったなんてことになると、せっかくの防犯カメラも意味がありません。ぜひ有線カメラを選びましょう。



■東日本地区でのご利用


日本では、西日本と東日本では電気の周波数が異なります。

この周波数の違いから、フリッカーと呼ばれる50Hzの周波数が使われている東日本地域の蛍光灯の下で起きるチラツキが起きます。

このチラツキを無くす機能である、フリッカーレス機能がないと点滅するような映像になるため、東日本地域の蛍光灯下で防犯カメラを設置する際には必要な機能です。


東日本地区でご利用の際は、フリッカーレス搭載のものを選ぶとよいでしょう。



■専用機器の導入


防犯システムを効率的に管理する機能として、動作探知機能があります。この機能が搭載されているものは、映像内に動きが検出されると録画機が反応し高画質録画に切り替えて録画します。

動きのない部分を省くことができます。常時撮影されている膨大な時間の中から怪しい動きを発見するにはこれと同じだけの時間を費やすことになりますから、この時間を節約できるのはありがたいですね!


■夜間の撮影には赤外線監視


暗視カメラには高い感度で映像をとらえるものと、赤外線照射機能で監視範囲を強制的に明るく映し出すものがあります。夜間の監視で人の顔まではっきりと映したい場合は赤外線照射タイプがおススメです。



■夜間の監視とセンサーライト


通常の防犯カメラの横にセンサーライトを設置して撮影範囲を照らすようにして撮影する場合もあります。

防犯カメラの撮影範囲が5m前後であれば、問題なく夜間でも撮影できるでしょう。



■パリフォーカルレンズ

パリフォーカルレンズとは焦点距離の調節が可能なレンズです。

撮影範囲の調節が可能なため、環境に柔軟に対応することが可能です。



いかがですか?

これらの性能を備えているカメラなら、確実に防犯効果を発揮してくれることでしょう。




アナログ52万画素・防犯カメララインナップはこちら

AHD200万画素・防犯カメララインナップはこちら

SDカード録画カメララインアップはこちら




防犯カメラの種類にお悩みの方へ!SDカードタイプのメリットをご紹介!

「もう車上荒らしには、遭いたくない!」


以前、車上荒らしの被害に遭われた方の中には、対策として防犯カメラの設置をお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

防犯カメラについて調べてみると、様々な種類のものがあり、その中でSDカードタイプの防犯カメラのことを詳しく知りたい、と感じている方もいらっしゃると思います。

今回はそんな方に向けて、SDカードタイプの防犯カメラのメリットについてご紹介します!



■SDカードタイプの防犯カメラとは?


まずは、SDカードカメラタイプの防犯カメラについて、簡単にお話しします。

防犯カメラには、様々な分類方法がありますが、今回注目しているのは、動画データの保存方法です。

この保存方法には、防犯カメラとは別の録画装置にデータを保存しておくタイプと、防犯カメラに内蔵されたSDカードにデータを保存しておくタイプがあり、後者のことをSDカードタイプの防犯カメラと呼んでいます。




【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・筒型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CW105SW/C 【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・ドーム型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CD136SW/C


■SDカードタイプのメリットは?


それでは、SDカードタイプの防犯カメラには、どのようなメリットがあるのでしょうか?

今回は、2つのメリットをご紹介します!


・設置費用が安い


設置費用が安いことが、SDカードタイプの最大の魅力です。

防犯カメラとは別の録画装置にデータを保存するタイプでは、基本的には屋内に録画装置を設置することになります。

その場合、屋外の防犯カメラと、屋内の録画装置を繋げるための配線を設置する必要があります。

そのため、外壁に配線を通す穴をあける等の大規模な工事が必要になることがほとんどです。

その点、SDカードタイプの防犯カメラでは、屋外に防犯カメラを設置し、そのカメラ内部にSDカードを挿入するだけで設置が完了するため、設置費用は比較的安価になります。

これが、SDカードタイプの1つ目の魅力です。


・データの取り扱いが容易


2つ目のメリットとしては、データの取り扱いの容易さが挙げられます。SDカードは、みなさんご存知の通り、パソコンに挿入することで、簡単にデータを移すことが可能です。

録画装置で録画されている動画の場合は、普段扱うことが少ないため、どうしてもデータを見るのに時間がかかってしまいます。SDカードタイプならではの、取り扱いの容易さは大きな魅力です。



■まとめ


いかがでしたか?

今回は、SDカードタイプの防犯カメラのメリットについてお話ししました。

ただし、実際にSDカードタイプの防犯カメラを設置する場合は、そのデメリットに関しても知っておく必要があるでしょう。

このデメリットについては、別の回でご紹介したいと思います!




【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・筒型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CW105SW/C 【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・ドーム型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CD136SW/C


防犯カメラを選ぶ前に知っておくべき!SDカードタイプのデメリット

「駐車場に防犯カメラを設置したいけど、どんな種類のものがいいの?」


ご自宅に防犯カメラの設置をお考えの方の中には、家庭用防犯カメラの種類についてお調べになった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

家庭用防犯カメラには、録画した動画の保存形式の違いによって、SDカードタイプのカメラと、別に録画装置を設置するタイプの2種類があります。

その中でも、設置費用の安さ、動画データの取り扱いの容易さの観点から、SDカードタイプの防犯カメラを選択する方もいらっしゃるかと思います。

しかし、防犯カメラの種類を選択する時には、デメリットの面も十分に知った上で、判断することが賢明でしょう。

そこで今回は、SDカードタイプの防犯カメラをお考えの方に向けて、デメリットの部分をご紹介したいと思います!



■デメリットその1:SDカードを持ち去られると映像を確認できない


このタイプの防犯カメラは、カメラ内にSDカードを挿入し、映像を保存します。そのため、当然ですが、車上荒らし等の犯人にSDカードを持ち去られると、保存された映像を確認することができません。その点が、SDカードタイプのデメリットの1つ目となります。

ただし、車上荒らし等を働く犯人が、わざわざSDカードを抜き取る作業をしてまでその車を狙う確率は、かなり低いということも考慮しておくとよいでしょう。




【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・筒型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CW105SW/C 【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・ドーム型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CD136SW/C


■デメリットその2:録画可能時間が短い


SDカードタイプの防犯カメラは、別の録画装置に動画を保存するタイプと比べて、録画時間が短くなる傾向にあることが、デメリットの2つ目となります。SDカードの容量によって変わりますが、高い解像度を維持した状態で動画を保存する場合、録画可能時間が短くなってしまいます。ただし、近年の技術の進歩によって、この問題は改善されつつあるというのが現状です。



■デメリットその3:高所の設置には適していない


デメリットの3つ目としては、高所への設置に適していないということが挙げられます。動画を保存するSDカードは、防犯カメラ本体に挿入されています。そのため、防犯カメラを高所に設置した場合、SDカードを回収するのに手間がかかります。

物理的にSDカードの回収が困難な場所への設置には、オススメできません。



■まとめ


今回は、SDカードタイプの防犯カメラのデメリットについてご紹介しました。

防犯カメラを選択する時は、デメリットの部分も考慮に入れた上で判断することをおすすめします!




【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・筒型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CW105SW/C 【1年保証+PL保険】防犯カメラ・ネットワーク・IPカメラSDカード録画カメラ・ドーム型|最大130万画素・SD200GB対応|SDカード32GB付属|ES-CD136SW/C


張り紙では足りない?より安心な暮らしのための防犯カメラの効果

以前、ご自宅で車上荒らしに遭ったという方は、二度と被害に遭わないためにも何らかの対策を行っているのではないでしょうか。

最も手軽にできる対策としては、ご自宅の駐車場に張り紙を貼る、というものが考えられます。

実際、張り紙による対処を行っている人は多いと思います。


しかし、ふとこのようなことを思ってしまうでしょう、


「張り紙って、意味ある?」


正直に言います。おそらく効果は薄いでしょう。

それでは、安心して生活を送るためには他にどんな対策があるでしょうか?

次に考えられる対策としては、防犯カメラが挙げられるでしょう。

今回は、家庭用の防犯カメラの効果についてお話しします!


■犯罪抑止効果


スーパーの駐車場で、車上荒らし。

時々、そんな情報を耳にすることがあるのではないでしょうか。

この車上荒らしを行う犯人のほとんどは、なんとなくそのスーパーを選んで、なんとなく狙う車を選んでいるわけではないと言います。ちゃんと、死角が多い駐車場を選んでいます。また、車から人が下りる瞬間から、人数やおおよその年齢などをチェックしているという犯人もいるようです。つまり、しっかりと下準備を行ってから犯行に及んでいるのです。

スーパーの駐車場の話をしましたが、ご自宅の駐車場の場合はどうでしょうか。

車を駐車している時間が一時的であるスーパーの駐車場とは違い、ご自宅の駐車場は、下準備を行う時間はたっぷりあります。住宅街では、車上荒らしを行おうとする犯人が

営業マンを装い、スーツであたりを物色していることもあるようです。

お伝えしたいことは要するに、住宅を狙う車上荒らし犯の多くはしっかりとした下準備を行い、だからこそ防犯カメラの抑止力が効果的に働くということです。下準備をしっかりしている犯人が、わざわざ防犯カメラが設置された駐車場の車を狙うことは少ない、という心理は想像に難くないでしょう。

防犯カメラを駐車場に設置することで、下準備を入念に行うような車上荒らし犯の犯行を予防することができることが、防犯カメラの最大の魅力でしょう。


■高い検挙率


さきほど犯罪抑止力についてお話ししましたが、やはり中には、防犯カメラが設置されているにも関わらず犯行に及ぶ犯人もいます。それでは、実際に車上荒らしの被害に遭ってしまった場合、犯人はどれくらいの確率で検挙されるのでしょうか?

防犯カメラを設置している住宅における車上荒らしの検挙率は、約8割です。

かなりの確率で、検挙されていることがご理解いただけると思います。


■まとめ


今回は、家庭用防犯カメラの効果についてお話ししました。

犯罪抑止力と高い検挙率によって、車上荒らしの被害を最小限にしましょう!

知っておきたい!防犯カメラの効果|プライバシーマスクって何?

「防犯カメラをつけたいけれど、機能がありすぎてどれを選べばいいのかわからない!」
そんな皆さんに今回はカメラの様々機能についてご紹介します。
すでにたくさんの防犯カメラを調べていらっしゃる方も多いと思いますが、中でも【プライバシーマスク】という言葉を聞いたことがある方はいらっしゃいますか?
これはカメラの機能のひとつです。
どの防犯カメラにしようか迷われている方にぜひこの機能の有無を参考にしていただきたいです。

◇プライバシーマスク(privacy mask)
プライバシーマスクとは画像の表示や映像の録画をするときに特定の箇所をブロックまたはマスキングする機能です。
プライバシーマスクが施された箇所は防犯カメラの監視の対象の範囲外となります。そのためプライバシーエリアと認識されます。

プライバシーマスクの位置は、PTZカメラやPTZドームカメラの場合で例えカメラの向きを動かしてもマスクをした部分は座標系と一緒に移動するため、プライバシーエリアをそのまま保持することができます。
プライバシーマスク機能が搭載されたカメラによって、マスキングの色や隠せる個数は異なります。

◇どのようなときにこの機能をつかうの?
・オフィスにて
オフィスに防犯カメラを設置していて、パソコンの画面もカメラにうつりこむ場合、画面上をマスキングすることで、社内の重要機密を保持します。
・自宅にて
ご自宅の防犯用に屋外に設置したカメラであれば、どうしてもうつり込んでしまう近隣の家々をマスキングし、近隣トラブルを防ぎます。
・個人情報を扱う公共の場にて
ATMや出入り口など暗証番号などを入力するような作業を行う場所では手元をマスキングし、個人情報が漏洩しないようにします。

■ところでPTZカメラって何?
上記の説明の中にでてきたPTZカメラとは何なのか疑問に思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。PTZとは、「Pan Tilt Zoom」の略です。
それぞれ、
「Pan」カメラを水平方向に回転させる機能
「Tilt」カメラを垂直方向に回転させる機能
「Zoom」遠くにあるものを近くに拡大や縮小する機能
を意味しています。つまり、PTZ機能が搭載されているカメラは固定のカメラよりも広い視野での映像確認ができるということです。

防犯カメラをお探しなら、性能の説明書きなどに
「パン機能が〜」や「チルト機能が〜」などと当たり前のように書かれているため、
知っておくと、わかりやすいです。

いかがでしたか?
防犯カメラを設置する予定のところはどんなところなのか、そこにはどんな機能が必要なのか、よく検討した上で必要な機能を備えた防犯カメラを選びましょう!

知っておきたい!家庭用防犯カメラのトラブル回避のポイント

「防犯カメラに自分の家が写っている!」

「プライベートがまるわかりだ!」


家庭用の防犯カメラをめぐってこんな近隣トラブルが発生する場合があります。

ひどいものだと、裁判に発展してしまうことも

防犯カメラの違法性についてご説明します。



■公益性


ここで争点になるのは「公益性」です。


公益性とは、広く求められているわけではないが、必要としている人もいるので自身の利益のためではなく、他人のために提供することができる性質を持つもののことです。


つまり、設置している防犯カメラが犯罪の抑止力に値するかどうかがです。

これに値しない使用方法がなされている場合には、違法性を問われる場合があるかもしれません。



◇公益性とプライバシーの侵害・肖像権の侵害


「自分の敷地以外の公道や近隣の家々が写っている」


通常、秘密にしておくべきことについては、プライバシーの侵害といえます。


この点でいうと、公道上での行動は隠すことではありません。

ですので、すぐに違法となるわけではありませんが、もしその映像を公開したりするとプライバシーの侵害になります。


設置側の目的は防犯目的で、盗撮する目的ではなく個人的な利益を追求するものではありません。



■受忍限度


受忍限度とは一般人が社会通念上、我慢できる被害の限度のことです。


これも防犯カメラの場合は十分に理解できる程度で問題はないと考えられます。


防犯カメラの特性上、自分の敷地内に取り付ける分には、余程のことがない限り、撤去の対象にはなりません。



◇「余程のこと」ってどんなことでしょう?


例を挙げますと、「他人の家だけが写っている」というような場合は違法性が出てくるかしれません。


相手の家だけが写っているとなれば、おそらくカメラはほぼ水平に近い角度で設置されていることになります。公益性から考えても防犯目的ではなく、監視目的に値することになりかねません。


このような場合は受忍限度も一般的にみて、周りからの理解が得られないでしょう。


実際に同じようなケースでプライバシーの侵害にあたるという判例が出ています。



いかがでしたか?


実際のところ、防犯カメラに関して明確な法律は存在しません。常識的な範囲かどうかで判断されます。


防犯カメラに関して近隣トラブルを防ぐ一番の対策は、事前に近隣の方々への周知をしておくことです。

そして普段から少しでも近隣の方々とコミュニケーションをとることです。日頃から近隣の方々とコミュニメーションを密にすること自体が犯罪を防ぐことにつながります。協力して安全なまちづくりができるといいですね!

防犯カメラお役立ち情報・目次

より効果的なのはどっち?ドーム型防犯カメラvsボックス型カメラ


知っておきたい!家庭用防犯カメラのトラブル回避のポイント


知っておきたい!防犯カメラの効果|プライバシーマスクって何?


張り紙では足りない?より安心な暮らしのための防犯カメラの効果


防犯カメラを選ぶ前に知っておくべき!SDカードタイプのデメリット


防犯カメラの種類にお悩みの方へ!SDカードタイプのメリットをご紹介!


効果的な防犯カメラはどれ?絶対欲しい!防犯カメラの性能!


不法投棄を根絶!防犯カメラによるアパートのセキュリティ効果


これさえ読めば大丈夫!家庭用防犯カメラを選ぶポイント!


簡単解説!防犯カメラの録画に関するあれこれ


読むだけでわかる!家庭用防犯カメラを屋外に設置するときのポイント!


防犯カメラの種類知ってる?SDカードタイプのメリットとデメリット


防犯カメラの設置をお考えの方必見!防犯カメラの効果!


アパートオーナーの方必見!防犯カメラで入居者に安全を提供しよう!


駐車場に防犯カメラを設置しよう!当て逃げ対策に効果大!


賃貸物件にこそ防犯カメラは必要!設置の際の注意点


SDカードが使える録画カメラを使って防犯をしよう!! 運用するために注意すべき事とは!!


防犯カメラで駐車場のイタズラを防ぐ!! 防犯効果を高める選び方とは!!


防犯カメラで駐車場の車上荒らしを撃退する!! 車を守るために事前対策をしませんか?


防犯カメラで駐車場の当て逃げを見逃さない!! 自分が居ない時にこそ車を守りましょう!!


防犯カメラをアパートに設置する前に!! 住民の人と話しておく必要性とは!!


防犯カメラをアパートに設けるなら!! 防犯機能を発揮するために必要な事とは!!


防犯カメラをアパートに設置する前に!! 設置場所に応じて種類を使い分けましょう!!


防犯カメラでアパートの住民を守る!! 管理人必見!! 防犯効果が高いカメラの設置場所とは!!


家庭用SDカード防犯カメラを設置する前に!失敗しないための注意点とは


初めての方必見!!3分でわかる「SDカード」タイプ防犯カメラのメリット


駐車場オーナー必見!防犯カメラを設置すべき理由とは?


アパート・マンションオーナー必見!知って起きたい防犯カメラのメリット


防犯カメラの録画時間は?知っておきたい録画設定について


話題の「AHD200万画素カメラ」は何がすごい?プロがメリットを徹底解説!


駐車場のトラブルを回避!家庭用防犯カメラを設置しよう!


より効果的なのはどっち?ドーム型防犯カメラvsボックス型カメラ

防犯カメラを設置予定の場所はどんなところですか?

設置場所に合わせてより効果的なタイプを選ぶことが必要です。

今回は防犯カメラの代表的な形、ドーム型とボックス型のカメラをご紹介します。

どちらも、皆さんも一度は見かけたことがあるのではないでしょうか?



■ドーム型防犯カメラ


半透明の半球のケースの内部にカメラが納められているタイプの防犯カメラです。

他のタイプに比べて、どこを監視しているのかわかりづらく、無用な威圧感を与えない、ドーム型防犯カメラの最大のメリットでしょう。

照明器具やインテリアの一部に見えるようなタイプも多数あります。

例えば、カメラのレンズが全方向に向けて旋回して監視するタイプやあらかじめ、設定された方向のみ監視する固定タイプが存在します。

いずれも監視されている方向がわかりづらく、犯罪者にとって犯行に及びにくくなります。



◇ドーム型カメラのデメリット


威圧感がない半面、犯人が照明器具などと間違えて、犯行におよんでしまうというデメリットもあります。

後々犯人を特定することができるかもしれませんが、防犯カメラの役割である、「見られていると思わせることで犯罪を抑止する」という点では効果を発揮しにくいともとれるでしょう。



◇設置場所

小型で場所をとらないため、マンションのエントランスや会社の受付、天井の低い店舗、威圧感を押さえたい部分におすすめです。

また、威圧感を与えにくいため、場の雰囲気を壊したくない場所にも最適と言えます。

駐輪場屋郵便受けのイタズラ防止対策としてもいいでしょう。



■ボックス型カメラ


レンズは固定焦点で、設置したときに調整した角度のみを狙うカメラです。

誰がみても防犯カメラとわかる形状で、見えるからこその抑止力を発揮します。

また、商業施設やお店に設置した場合には、訪れた人々にここは安全な場所であるとアピールすることができ、安心感や信頼感を与えます。

また、ボックス型カメラはカメラのレンズを取り外しができるタイプが多いです。

監視場所や目的に応じてレンズを交換できます。



◇ボックス型カメラのデメリット


カメラの視線の先がわかりやすいということは、犯人にとっては死角を特定しやすくなります。

また、ドーム型にくらべると威圧感があるため、カウンセリングルームなどのプライバシー性の高い場所には適さないかもしれません。



◇設置場所


高いところに設置されることが多いです。

比較的、広範囲にわたって監視出来るため特定の通路やレジ付近などピンポイントで設置もされます。

ドーム型のように壁や天井に直接取り付けるわけではないので、屋外でよく活躍します。

屋外に設置する場合は暗視効果付き、また、水に強い防止タイプを選ぶようにしましょう。

ハウジングと呼ばれる、雨風や、砂ぼこりなどの汚れから守る専用のカバーをつけるとなお良いです。

設置予定の場所、設置の目的は何であるのか、を考えて適した防犯カメラを選びましょう。

張り紙では足りない?より安心な暮らしのための防犯カメラの効果

以前、ご自宅で車上荒らしに遭ったという方は、二度と被害に遭わないためにも何らかの対策を行っているのではないでしょうか。

最も手軽にできる対策としては、ご自宅の駐車場に張り紙を貼る、というものが考えられます。実際、張り紙による対処を行っている人は多いと思います。

しかし、ふとこのようなことを思ってしまうでしょう、

「張り紙って、意味ある?」

正直に言います。おそらく効果は薄いでしょう。
それでは、安心して生活を送るためには他にどんな対策があるでしょうか?

次に考えられる対策としては、防犯カメラが挙げられるでしょう。
今回は、家庭用の防犯カメラの効果についてお話しします!

■犯罪抑止効果

スーパーの駐車場で、車上荒らし。
時々、そんな情報を耳にすることがあるのではないでしょうか。
この車上荒らしを行う犯人のほとんどは、なんとなくそのスーパーを選んで、なんとなく狙う車を選んでいるわけではないと言います。ちゃんと、死角が多い駐車場を選んでいます。また、車から人が下りる瞬間から、人数やおおよその年齢などをチェックしているという犯人もいるようです。つまり、しっかりと下準備を行ってから犯行に及んでいるのです。
スーパーの駐車場の話をしましたが、ご自宅の駐車場の場合はどうでしょうか。

車を駐車している時間が一時的であるスーパーの駐車場とは違い、ご自宅の駐車場は、下準備を行う時間はたっぷりあります。住宅街では、車上荒らしを行おうとする犯人が営業マンを装い、スーツであたりを物色していることもあるようです。

お伝えしたいことは要するに、住宅を狙う車上荒らし犯の多くはしっかりとした下準備を行い、だからこそ防犯カメラの抑止力が効果的に働くということです。

下準備をしっかりしている犯人が、わざわざ防犯カメラが設置された駐車場の車を狙うことは少ない、という心理は想像に難くないでしょう。
防犯カメラを駐車場に設置することで、下準備を入念に行うような車上荒らし犯の犯行を予防することができることが、防犯カメラの最大の魅力でしょう。

■高い検挙率

さきほど犯罪抑止力についてお話ししましたが、やはり中には、防犯カメラが設置されているにも関わらず犯行に及ぶ犯人もいます。

それでは、実際に車上荒らしの被害に遭ってしまった場合、犯人はどれくらいの確率で検挙されるのでしょうか?
防犯カメラを設置している住宅における車上荒らしの検挙率は、約8割です。

かなりの確率で、検挙されていることがご理解いただけると思います。

■まとめ

今回は、家庭用防犯カメラの効果についてお話ししました。
犯罪抑止力と高い検挙率によって、車上荒らしの被害を最小限にしましょう!




▼ご利用ガイド▼


ご注文について


●インターネットにて24時間受け付けております。

●ご注文やご質問メールの対応は、土日祝日を除く平日のみです。

●お電話の受付は平日10:00〜17:00です。


お支払いについて


●クレジットカード決済(手数料当店負担)

カード各種

●コンビニ決済(前払)(手数料490円)
コンビニ各種

●Yahoo!ウォレット決済(手数料当店負担)

Yahoo!ウォレット アクセプタンスマーク

●代金引換(手数料500円)/銀行振込(手数料当店負担)

代金引換 銀行振込

送料について


●全国一律790円(ゆうパック宅急便にてお送りします)

●商品小型一部でクロネコDM便全国一律160円


設置工事御請け致します!


●弊社商品、他社様商品問わず新規設置(配線工事含む)からリニューアルまで防犯カメラシステム・設計施工御請け致します!

●ご家庭・飲食店・ビル管理・ご法人問わず大歓迎です!

●防犯カメラ1台からの施工も御請け致します!

●ネットワークカメラ・遠隔監視などのネットワークも弊社は得意です!

●但しご対応エリアが神奈川県東地区(概ね相模川より東エリア)、東京都全域に限らせて頂いております(すべて自社施工・品質遵守の為)。

詳しくはコチラをご覧ください。


発送について


●各商品ページに記載が御座いますのそちらをご覧ください。

●概ね、ご入金確定から3営業日以内の発送です。

●受注生産品に関しては3営業日以上になる場合も御座います。

●以下の時間帯で、配送の時間指定が可能です。

時間指定

ご注文について


一部商品については返品・交換を承っております。

商品の不具合による保証対応はコチラをご覧ください。

返品・交換をご希望のお客様は、商品到着から一週間以内にメールにて必ずご連絡ください。

不良品、誤品配送の際、送料は当社負担で対応させていただきます。


お支払いについて


●ショップ名:防犯カメラ専門店・エレックスシステム

●運営会社:合同会社エレックスシステム

●運営責任者:中臣 佳

●所在地:〒221-0856 神奈川県横浜市神奈川区三ツ沢上町7-8ハイツジュネス2F-3

●電話番号:045-317-9873/FAX番号:050-3156-3747

●e-mail:info@elexsystem.co.jp



▼カテゴリ一覧▼


130万画素・SDカード200GB

レコーダー+カメラ1〜4台セット
レコーダー+カメラ5〜8台セット
防犯カメラ単品
録画レコーダー4・8CH

AHDレコーダー+カメラ1〜4台セット
AHDレコーダー+カメラ5〜8台セット
AHD防犯カメラ単品
AHD録画レコーダー4・8CH
AHD-HDMIコンバータ

ネットワークカメラレコーダー4・8CH
モニタリングユニット
PoE給電HUB・ハブ
スプリッタ・インジェクタ
LANケーブル(フラット・すき間型)

7・15・17・19インチ

同軸3C・5C/BNCケーブル
電源ケーブルコネクタ付ト
一体型ケーブル関連
電源分岐分配・映像ケーブル

屋内用・防犯カメラ直付
ハウジング用

映像分配器
ダミーカメラ
BNC・RCAコネクタ関連
電源コネクタ
電源アダプタ
ステッカー





ご利用案内他|家庭用防犯カメラ エレックスシステム


個人情報の取り扱いについて | 特定商取引法に関する表示 | お店案内 | 会社概要 | 製品保証規定 | 設置工事御請け致します! | アルバイト・正社員募集