防犯カメラ(録画・家庭用・SDカード)フリー情報|エレックスシステム
RSS

同軸ケーブル(後編)

防犯カメラの同軸ケーブル後編になります。 中編ではケーブルの名称のについて解説しました。 ここでは同軸ケーブルの使用用途・場面場面での同軸ケーブル選定の基準を開設します。 ●機器内配線(本体内配線) 監視・防犯カメラの電源部やレコーダーやモニターなどの機器間(本体部)の配線です。 機器間長くても2m程度で、きついカーブなどを描いてしまう場合が多いです。そこで便利なのが 【2.5C-2V】 というケーブルで外形が3mm程度なので、きついカーブでも行けます。 また機器間はカメラ台数が多ければ多いほど、ケーブルの本数が多くなり、ケーブルの太さが太いとごちゃごちゃになり、配線・接続も困難になります。 ですので、シンプルにまとまるのが最大の利点です。 ●本体・カメラ間(中距離100m以下程度で小規模施設) この場合、 【3C-2V】 【5C-FB】 を使用する事が多いです。 中編の開設のように先頭の数字が大きいほどケーブルの太さは太くなります。 長い距離の配線の場合、心配なのは他の設備ケーブルとの干渉です。 配線工事を行う対象が、設備ケーブルとの併設が多い場合は 【5C-FB】 の方が良いでしょう。それがなければ、 【3C-2V】 でもよろしいかと思います。 建物の何フロアもまたぐような場合は、迷いなく、 【5C-FB】 の方が良いでしょう。 この辺の判断基準があれば概ね、ケーブル選定は迷ういません。